観光情報 トレインナビねっと > 植物観賞
広告
2019年01月12日

日光街道今市宿 牡丹室内庭園/道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣・栃木県日光市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2019年2月15日(金)〜24日(日)9:00〜17:00 ※最終入場は閉園の30分前まで

内容/みどころ:
日光街道今市宿 牡丹室内庭園 〜色鮮やかな「冬の花園」を満喫!〜

 今年で8回目を迎える「日光街道今市宿 牡丹室内庭園」が道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣の多目的ホールで2月15日(金)から24日(日)まで開催されます。6月に咲くボタンを特殊な方法で育て、通常見ることができない冬季期間中に約100品種300鉢のボタンを咲かせます。幻想的な和空間で見事な日本庭園を演出する、牡丹の展示会です。

会場:
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 多目的ホール(日光市今市719-1)
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕JR日光線今市駅・東武日光線下今市駅より徒歩約5分
〔お車で〕日光宇都宮道路今市ICより3分

お問合せ先:
(一社)日光市観光協会
(電話)0288-22-1525
(ホームページ)http://www.nikko-kankou.org/

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2019年01月09日

桜とぼたんまつり/法多山、可睡斎・静岡県袋井市

都道府県名:静岡県
開催日時・期間:
2019年3月〜

内容/みどころ
桜とぼたんまつり

法多山 さくら 袋井市.jpg@法多山 さくらまつり
遠州三山の一つ法多山尊永寺は、正観世音菩薩を本尊とし厄除のご利益のある観音様として広く知られています。お正月には東海一円から多くの参拝者で賑わいます。境内の約300本の桜と法多山名物の「厄除だんご」を食べながらお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか?
3月下旬〜4月上旬 法多山尊永寺 境内にて
▼実施内容
春のお茶まつり、親子写生大会

A可睡斎 ぼたんまつり
可睡斎は応永年間に開創され、東海道における禅の大道場として広く知られています。また、火防の神で秋葉信仰の総本山としても知られています。春には、屋外ぼたん苑が開苑し、150種2000株の豪華なぼたんの花が咲き乱れます。
4月10日(水)〜5月6日(月・祝)8:00〜17:00 秋葉総本殿可睡斎にて ※見頃は4月下旬まで
▼入苑料
500円(開花状況により値下げすることもあります)

会場:
法多山尊永寺(袋井市豊沢2777)

秋葉総本殿 可睡斎(袋井市久能2915-1)
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
法多山へ
〔列車で〕JR東海道線袋井駅よりバス 法多山行きで約17分
〔お車で〕東名高速袋井ICより約20分
可睡斎へ
〔列車で〕JR東海道線袋井駅よりバス 森町行きで可睡下車
〔お車で〕東名高速袋井ICより約5分

お問合せ先:
▼さくらまつりについて
法多山
(電話)0538-43-3601
(ホームページ)http://www.hattasan.or.jp
▼ぼたんまつりについて
可睡斎
(電話)0538-42-2121
(ホームページ)http://www.kasuisai.or.jp

情報提供:静岡県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告

第39回 千葉県フラワーフェスティバル/そごう千葉店・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2019年1月11日(金)〜14日(月・祝)10:00〜20:00 ※14日は13:00まで

内容/みどころ:
第39回 千葉県フラワーフェスティバル

 暦の上では1月でも、春らんまんの「千葉県フラワーフェスティバル」は、県内最大規模の花の祭典です。会場には、県内の生産者が丹誠込めて作った約580点の切花・鉢花・観葉植物・洋らんが展示されるほか、期間中は、県内のトップフローリストによるデモンストレーションやフラワー教室などの各種イベントを予定しています。

実施内容:
★花の展示・ディスプレイ
▼花の品評会・特別賞受賞作品の展示
▼県内の花を使ったディスプレイ
▼その他関係団体等による展示

★花に親しむイベント
▼県内生産者による切り花・鉢花の販売等
1月11日(金)〜13日(日)
▼各種フラワー教室
1月11日(金)〜13日(日)

★花の販売
県内小売店・生産者による販売
1月11日(金)〜14日(月・祝)

★花の品評会出品物の即売会
1月14日(月・祝)予約受付10:00〜12:00、お渡し13:00〜15:00 ※時間は変更になる場合があります

会場:
そごう千葉店 6階催事場(千葉市中央区富士見2-6-1)

アクセス:
〔列車で〕JR総武線・千葉都市モノレール線千葉駅より、京成千葉線京成千葉駅より

お問合せ先:
千葉県農林水産部生産振興課
(電話)043-223-2871

情報提供:千葉県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年12月26日

冬 早春の花だより/県内各所・栃木県全域

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2019年1月〜

内容/みどころ:
冬 早春の花だより

花/市町名/場所/所在地/見頃/お問合せ先/電話:
★ロウバイ
▼鹿沼市
(粟野)上永野 蝋梅の里 鹿沼市上永野273 12月15日(土)〜3月中旬まで開園 10:00〜16:00頃
上永野 蝋梅の里(大貫氏)(電話)090-1124-2281
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 1月上旬〜3月上旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939
鑁阿寺 足利市家富町2220 1月上旬〜3月上旬
鑁阿寺(電話)0284-41-2627
▼栃木市
四季の森星野 栃木市星野町三峰1045 1月中旬〜3月上旬
栃木市観光振興課(電話)0282-21-2373 (一社)栃木市観光協会(電話)0282-25-2356

★冬ボタン
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 1月上旬〜2月下旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939

★寒椿
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 1月中旬〜2月下旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939

★寒紅梅
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 1月上旬〜2月下旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939

★フクジュソウ
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 1月下旬〜3月上旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939
▼栃木市
四季の森星野 栃木市星野町267 2月下旬〜3月上旬
栃木市観光振興課(電話)0282-21-2373 (一社)栃木市観光協会(電話)0282-25-2356

★セツブンソウ
▼栃木市
四季の森星野 栃木市星野町267 2月下旬〜3月上旬
栃木市観光振興課(電話)0282-21-2373 (一社)栃木市観光協会(電話)0282-25-2356

★ザゼンソウ
▼佐野市
佐野市秋山町 佐野市秋山町 2月中旬〜3月中旬
佐野市観光立市推進課(電話)0283-27-3011
旧・菜蟲館 西側 佐野市柿平町473-1 2月中旬〜3月上旬
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111
▼大田原市
北金丸のザゼンソウ群生地 大田原市北金丸1708 2月中旬〜3月上旬 一般公開2月1日(金)〜3月31日(日)
大田原市観光協会(電話)0287-54-1110

★マンサク
▼足利市
塩坂峠付近ほか 足利市樺崎町 2月中旬〜3月下旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000

★クリスマスローズ
▼足利市
あしかがフラワーパーク 足利市迫間町607 2月下旬〜4月中旬
あしかがフラワーパーク(電話)0284-91-4939

★ウメ
▼足利市
西渓園(3ha・約1,200本)足利市西宮町3855 2月下旬〜3月中旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000
栗田美術館 足利市駒場町1542 3月上旬〜中旬
栗田美術館(電話)0284-91-1026

※花の見頃については、天候により変化しますので、事前にご確認ください。

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様


都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年2月〜

内容/みどころ:
早春 春の花だより

花/市町名/場所/所在地/見頃/お問合せ先/電話:
★ザゼンソウ
▼佐野市
佐野市秋山町 佐野市秋山町 2月中旬〜3月
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111
▼大田原市
北金丸のザゼンソウ群生地 大田原市北金丸 2月中旬〜3月上旬
大田原市観光協会(電話)0287-54-1110
▼大田原市
大田原市ふれあいの丘 大田原市福原1411-22 2月中旬〜3月下旬
大田原市ふれあいの丘シャトー・エスポワール(電話)0287-28-3131

★セツブンソウ
▼佐野市
菜蟲館(休館中)西側 佐野市柿平町473-1 2月中旬〜3月上旬
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111
▼栃木市
四季の森星野 栃木市星野町267 2月下旬〜3月上旬
(一社)栃木市観光協会(電話)0282-25-2356

★マンサク
▼足利市
塩坂峠付近ほか 足利市樺崎町 2月中旬〜3月中旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000

★ウメ
▼真岡市
井頭公園内「梅・桃園」真岡市下籠谷99 紅梅2月上旬〜中旬、白梅2月下旬〜3月上旬
井頭公園管理事務所(電話)0285-83-3121
▼那珂川町
南平台温泉ホテル庭園 那珂川町小口1342 2月下旬
南平台温泉ホテル(電話)0287-92-3211
▼那珂川町
ふるさとの森公園 那珂川町小川3796 2月下旬
那珂川町観光協会(電話)0287-92-5757
▼佐野市
梅林公園 佐野市富士町1387 2月下旬〜3月中旬
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111
▼小山市
天翁院 小山市本郷町1-9-41 2月下旬〜3月中旬
天翁院(電話)0285-22-1053
▼足利市
西渓園(3ha・約1,200本)足利市西宮町3855 2月下旬〜3月中旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000
栗田美術館 足利市駒場町1542 3月上旬〜中旬
栗田美術館(電話)0284-91-1026
▼鹿沼市
鹿沼錦鯉公園 鹿沼市栃窪1202-3 3月中旬〜下旬
鹿沼錦鯉公園(電話)0289-65-5141 ※不在時0289-65-3121
▼市貝町
観音山梅の里梅園 市貝町市塙3501 3月中旬〜下旬
市貝町企画振興課(電話)0285-68-1118

★カタクリ
▼栃木市
みかも山公園の「カタクリの園」栃木市岩舟町下津原1747-1 3月中旬〜下旬
みかも山公園管理事務所(電話)0282-55-7272
▼佐野市
万葉自然公園かたくりの里 佐野市町谷町112-1 3月中旬〜4月上旬
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111
▼那珂川町
カタクリ山公園 那珂川町三輪745-1 3月下旬〜4月上旬
那珂川町観光協会(電話)0287-92-5757
▼栃木市
星野自然村 栃木市星野町 3月下旬〜4月中旬
(一社)栃木市観光協会(電話)0282-25-2356

★ミズバショウ
▼那珂川町
カタクリ山公園 那珂川町三輪745-1 3月下旬〜4月上旬
那珂川町観光協会(電話)0287-92-5757
▼大田原市
北野上地区 大田原市北野上地区 4月上旬〜中旬
大田原市観光協会(電話)0287-54-1110

★ショウジョウバカマ
▼那珂川町
カタクリ山公園 那珂川町三輪745-1 3月下旬〜4月上旬
那珂川町観光協会(電話)0287-92-5757

★イワウチワ
▼那珂川町
富山地区 那珂川町富山地区 3月下旬〜4月上旬
那珂川町観光協会(電話)0287-92-5757

★ナノハナ
▼足利市
渡良瀬川堤防 足利市野田町 3月下旬〜4月上旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000
▼足利市
千歳地区袋川沿い 足利市千歳町・常盤町・寿町 3月下旬〜4月上旬
(一社)足利市観光協会(電話)0284-43-3000
▼佐野市
秋山川・渡良瀬川河川敷 佐野市大古屋町・伊保内町・船津川町 3月下旬〜4月上旬
(一社)佐野市観光協会(電話)0283-21-5111

★シバザクラ
▼市貝町
芝ざくら公園 市貝町見上614-1 4月中旬〜4月下旬
市貝町企画振興課(電話)0285-68-1118
▼大田原市
富士ぼたん園 大田原市湯津上2691 4月下旬〜5月下旬
富士ぼたん園(電話)0287-98-3815

★ボタン
▼那珂川町
長泉寺 那珂川町白久777 4月下旬〜5月上旬
長泉寺(電話)0287-96-2427
▼大田原市
大雄寺 大田原市黒羽田町450 4月下旬〜5月中旬
大雄寺(電話)0287-54-0332
▼大田原市
富士ぼたん園 大田原市湯津上2691 4月下旬〜5月下旬
富士ぼたん園(電話)0287-98-3815
▼那須塩原市
妙雲寺 那須塩原市塩原665 5月中旬〜下旬
(特非)塩原温泉観光協会(電話)0287-32-4000

★シャクヤク
大田原市 富士ぼたん園 大田原市湯津上2691 4月下旬〜5月下旬
富士ぼたん園(電話)0287-98-3815

★ツツジ
大田原市 富士ぼたん園 大田原市湯津上2691 4月下旬〜5月下旬
富士ぼたん園 0287-98-3815

★シャガ
大田原市 大雄寺 大田原市黒羽田町450 5月上旬〜中旬
大雄寺(電話)0287-54-0332

※花の見頃については、天候により変化しますので、事前にご確認ください。

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年12月24日

「早春の花展」「とちぎの洋ラン展」/とちぎ花センター・栃木県栃木市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2019年1月〜

内容/みどころ:
「早春の花展」「とちぎの洋ラン展」

★早春の花展 〜花で迎える美しき新年〜
栃木県産の切り花を中心に年始にふさわしい華やかな明るい展示で皆さまをお迎えいたします。キクやユリ、センリョウ、マンリョウなどの花々を和風に装飾します。花で彩る和の空間をお楽しみください。
1月2日(水)〜20日(日)9:00〜16:30

★とちぎの洋ラン展 〜絢爛豪華な美の祭典〜
栃木県で生産された洋ランを紹介いたします。 コチョウランやカトレアなどを豪華かつ盛大に展示いたします。極希少種のランも展示予定です。
1月26日(土)〜3月5日(火)9:00〜16:30

会場:
とちぎ花センター(栃木市岩舟町下津原1612)

料金:
▼入園
無料
▼とちはなちゃんドーム
大人400円、小人200円、幼児無料

休園日:
月曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス:
〔列車で〕JR両毛線岩舟駅よりタクシーで6分、東武日光線静和駅よりタクシーで12分
〔お車で〕東北道佐野藤岡ICより5分

お問合せ先:
とちぎ花センター
(電話)0282-55-5775 
(ホームページ)http://www.florence.jp

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年12月23日

水仙観賞/水仙遊歩道・千葉県南房総市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年12月下旬〜2月上旬頃まで

内容/みどころ:
水仙観賞

 早春の花が広がる南房総。岩井の水仙街道は、可憐な白い花が咲き誇る水仙の道です。水仙の見頃は、12月下旬頃から2月上旬で、特に1月中旬が見ごたえがあります。富楽里とみやまから約1km離れた所に「とみやま水仙遊歩道」があります。約5万本の水仙が栽培されている群生地を花の香りを楽しみながら歩くことができます。まずは、富楽里とみやまインフォメーションに立ち寄り水仙遊歩道の地図を手に1〜2時間(約 3.5km)かけてゆっくりと楽しんでください。1月12日(土)・13日(日)には、道の駅富楽里とみやまで水仙まつりを開催予定。1月中はスタンプラリーを開催し、先着100名に水仙の花苗をプレゼントする予定です。

会場:
水仙遊歩道(南房総市合戸)

アクセス:
〔列車で〕JR内房線岩井駅より市営バスで合戸下車

お問合せ先:
道の駅富楽里とみやま
(電話)0470-57-2601

情報提供:千葉県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年12月10日

ロウバイ観賞/蝋梅の里・栃木県鹿沼市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年12月15日(土)〜3月中旬 ※大雨と大雪の場合は休園

内容/みどころ:
ロウバイ観賞

 黄色く透明感があり蝋細工のような、梅に似た花をつけるロウバイ。4,000坪の園内に約5,000本のロウバイのある鹿沼市上永野の「蝋梅の里」(永野小学校の裏側)が12月17日(土)にオープンします。ここでは、日本最多の4種(満月、素心、基本種、原種)を鑑賞でき、国内で唯一、基本種を観ることができます。園内を見渡せる展望台もあり、切り花や苗木、日本初である「蝋梅の香水」も販売しています。

会場:
上永野 蝋梅の里(鹿沼市上永野273)
[ここに地図が表示されます]

入園料:
大人300円、高校生以下無料

開園時間:
10:00〜16:00頃

アクセス:
〔列車で〕JR両毛線・東武日光線栃木駅よりタクシーで約30分
〔お車で〕東北道栃木ICより約20分・鹿沼ICより約40分
〔駐車場〕無料 50台

お問合せ先:
上永野 蝋梅の里 大貫氏
(電話)090-1124-2281

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年12月06日

花広場が見頃/館山ファミリーパーク・千葉県館山市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年12月中旬〜2019年5月上旬

内容/みどころ:
花広場が見頃

 4万坪の敷地面積を持つ館山ファミリーパークには7,500uの広大な花畑「花広場」があり例年12月上旬から5月上旬は10万株100万本のポピーが花広場一面を埋め尽くします。最盛期は2月末から3月いっぱいですが、ポピーの花摘みは記載の期間楽しむことができます。品種は小輪系のアイスランド・ポピーです。長年にわたり独自に花の交配を行い、カラフルで可憐な色合いを出してきた館山ファミリーパークオリジナルです。4月下旬に採取した種を一旦冷蔵保管し7月に選別をしてから種まきをし、8月初旬に小さな苗を一本ずつ人の手で移植して、5cmくらいの大きさまで育てたのち、良好の苗だけを9月下旬に畑へ定植し育てています。12月から5月の館山ファミリーパークは畑全体がポピーでうめつくされ初寒の青い空の下、オレンジ色・黄色・白色など色とりどりのポピーが一足早い春を演出します。また、園内では、ストック、キンギョソウ、キンセンカ、菜の花などの花摘みも楽しめます。

園内で摘み取り可能なお花:
※天候・育成状況等により変わる場合があります。
▼ポピー
10本200円 12月中旬〜5月上旬
▼キンギョソウ
1本150円 11月〜5月上旬
▼ストック
1本150円 12月中旬〜3月
▼菜の花
3本150円 1月〜2月
▼キンセンカ
3本150円 3月
▼ラベンダー
10本150円 通年

洋ラン・シクラメンフェア:
植物売店にて洋ランとシクラメンの販売。
11月下旬〜12月末

房総の切り花販売:
ストック、スターチス、キンギョソウ、ポピーなど、摘み取った切り花を販売。
12月下旬〜4月上旬

その他アクティビティ:
ドッグラン(ワンちゃん入園無料)・体験工房・パターゴルフ (9H x 3 コース)・釣り
※有料(ドッグランは入園者無料)

会場:
館山ファミリーパーク(館山市布沼1210)

開園時間:
8:30〜17:00(7月第4月曜日〜8月31日、12月第3月曜日〜5月6日および通年の土日祝日)
9:00〜16:00(上記以外の平日)
※体験工房は10:00〜16:00

休園日:
不定休

入園料:
大人550円、小学生350円

アクセス:
〔列車で〕JR内房線館山駅よりJRバスフラワー号で館山ファミリーパーク前下車または予約制無料シャトルバス25分
〔列車で〕富津館山道富浦ICより約30分

お問合せ先:
館山ファミリーパーク
(電話)0470-28-1110
(ホームページ)http://oceanveil.com/family/ 
 
情報提供:千葉県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年11月30日

水仙まつり/江月水仙ロード、をくづれ水仙郷ほか・千葉県鋸南町

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年12月8日(土)〜2019年2月3日(日)

内容/みどころ:
水仙まつり

 昔から「鋸山を越えると肌着が一枚いらない」といわれるほど南房総は暖かく、北国で雪の便りが聞かれるときでも南房総は花でいっぱいです。房州の花づくりは、安政年間(1854〜1860)、保田地区に咲く日本水仙が元名水仙と呼ばれ、船で江戸に運ばれたのが始まりといわれています。

@江月水仙ロード
江月地区では、出荷時期を過ぎ、観賞用となった日本水仙が、町道の両端約3km(江月水仙ロード)に渡って咲き乱れます。水仙まつりの期間中は、道沿いに地元農家による農産物の販売等が行われ、水仙の花も購入することができ、ひと足早い春の訪れを五感で実感することができます。土地の気候条件により、香りが豊かで背丈が長いのが特徴で、12月中旬から1月末ごろが見頃となります。水仙まつり期間中の1月13日(日)は、11:00から江月水仙ひろばで、甘酒やほっと汁、併せて地元特産品の販売が行われます。

Aをくづれ水仙郷
日本水仙と周辺に点在する各種みかんの緑の葉と黄金の実とのコントラストは冬空に映え、さらに、1月の下旬になると早咲きの紅梅・白梅が皆様をお迎えいたします。水仙まつり期間中の1月12日(土)は、11:00から佐久間ダム公園でもちつきが行われます。水仙のシーズンが終わる頃には、佐久間ダム公園の早咲き桜のシーズンとなり、鋸南町を代表する“頼朝桜”が2月中旬より咲き始め、大漁桜・寒緋桜・彼岸桜・染井吉野・しだれ桜・八重桜と4月中旬まで楽しむことができます。

会場:
江月水仙ロード(安房郡鋸南町江月地先)

をくづれ水仙郷(安房郡鋸南町大崩)

アクセス:
江月水仙ロードへ
〔列車で〕JR内房線保田駅より徒歩15分で水仙ロード入口
をくづれ水仙郷へ
〔列車で〕JR内房線保田駅・安房勝山駅より町営循環バス「赤バス・青バス」で終点下車 

お問合せ先:
保田駅前観光案内所
(電話)0470-55-1683 
をくづれ水仙郷観光事務所
(電話)0470-55-8040 
鋸南町地域振興課まちづくり推進室
(電話)0470-55-1560 

情報提供:千葉県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする
広告
2018年11月11日

梅まつり/熱海梅園・静岡県熱海市

都道府県名:静岡県
開催日時・期間:
2019年1月5日(土)〜3月3日(日)予定

内容/みどころ:
梅まつり

梅まつり・伊豆市.jpg 日本一の早咲きで知られる熱海梅園は、1886年(明治19年)横浜の豪商茂木惣兵衛氏の出資で造られた庭園で、44,000平方メートル(約1万4千坪)の広さを誇ります。清流を挟むなだらかな丘に巧みに配される紅白の梅59品種・約472本の梅は、早いものでは12月から咲きだし、1月下旬には見頃になります。毎年、この梅の花の下で「梅まつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。

実施内容(予定):
▼熱海芸妓連演芸会、野点茶会
熱海の芸妓連が特設舞台で自慢の踊りを披露、野点茶会も開催。
▼甘酒の無料サービス
期間中、日曜・祝日の午前・午後の2回温かい甘酒のサービス。

会場:
熱海梅園(熱海市梅園町1169-1)

アクセス:
〔列車で〕JR東海道線熱海駅よりバスで15分 梅園前下車、JR伊東線来宮駅より徒歩10分
〔お車で〕西湘バイパス石橋ICより国道135号線を熱海方面へ

お問合せ先:
熱海市観光協会
(電話)0557-85-2222
(ホームページ)http://www.ataminews.gr.jp/

情報提供:静岡県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 植物観賞 | 更新情報をチェックする