お知らせ
平成30年9月6日に発生しました、北海道胆振地方を震源とする地震により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2018年04月30日
広告

「ところ変われば備えも変わる あなたの街と自然災害」「ゴールデンウイークは中央博へ行こう!」「山の学校」/千葉県立中央博物館・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年4月〜

内容/みどころ:
「ところ変われば備えも変わる あなたの街と自然災害」「ゴールデンウイークは中央博へ行こう!」「山の学校」

@春の展示 ところ変われば備えも変わる あなたの街と自然災害
「21世紀は災害の時代」とも言われ、各地でその原因となる自然現象や防災への関心も高まっています。自然災害の多くは、どこの地域にも同じように現れるのではなく、地形や地盤など、土地の性質やその成り立ちが密接に関係しています。今回の展示では、私たちが住む地域の地形や地質よく知ることで、いつどこで起こるかわからない災害に備えることができるということをお伝えします。
3月3日(土)〜5月27日(日)本館 第1企画展示室にて

★かんたんな地形模型を作ってみよう
千葉県や富士山などの簡単な地形模型を立体的に作ります。
5月6日(日)9:30〜15:30 研修室にて
▼対象
どなたでも
▼定員
20組
▼料金
保険料50円、材料費50円

★千葉県立中央博物館自然誌シンポジウム『大地の成り立ちを調べ、未来に備える』
春の展示「あなたの街と自然災害」に関連し、地震や津波などの近年の研究や「防災減災 街歩き」の話などのシンポジウムを開催します。地域の特徴や成り立ちを調べ、自然災害とも向き合ってきた以下の専門家の方々に話をしていただきます。
桂 雄三氏(元文化庁主任文化財調査官・日本ジオパークネットワーク理事)
久保純子氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
宍倉正展氏(産業技術総合研究所地質調査総合センター活断層・火山研究部門海溝型地震履歴研究グループ長)
5月26日(土)10:00〜16:00 講堂にて
▼料金
無料
▼定員
150名 ※どなたでも参加できます。

Aゴールデンウイークは中央博へ行こう!
ゴールデンウイークの中央博は、子供も大人も楽しめる、いろんな催しが沢山!好きなイベントを選んで参加しよう!
体験イベント「五月飾りをつくろう」3日、「石を割ってみよう」4日、「本物の化石にさわってみよう」「森の調査隊」5日、「収蔵庫探検」6日
5月3日(木・祝)〜6日(日)9:00〜16:30(入館は16:00まで)館内各所にて
▼対象
どなたでも
▼料金
大人300円、高大生150円 ※中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と介護者は無料

B山の学校140 初夏の里の生きもの
君津市三島小周辺を散策しながら、初夏の里のいきものを観察します。どんないきものに会えるかな。
5月19日(土)13:00〜15:30 君津市三島小学校周辺にて
▼料金
保険料要
▼対象
どなたでも
▼定員
先着40名

会場:
千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955-2)

休館日:
月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

開館時間:
9:30〜16:30 ※入館は16:00まで

入館料:
一般300円、高大生150円、中学生以下・65歳以上無料

アクセス:
〔列車で〕JR総武線・外房線千葉駅または京成千葉線京成千葉駅より京成バス千葉大学病院または千葉大学病院・南矢作行き ちばシティバス川戸都苑行きで約15分 中央博物館下車徒歩約7分、京成千原線千葉寺駅より徒歩約20分
〔お車で〕京葉道路松ヶ丘ICより大網街道を市街地方面へ

お問合せ先:
県立中央博物館
(電話)043-265-3111 
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月29日
広告

アート コレクション/千葉県立美術館・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年4月〜

内容/みどころ:
アート コレクション

★春のアート・コレクション 原勝郎と板倉鼎 −それぞれの巴里−
1920年代にパリに渡った千葉県ゆかりの洋画家、原勝郎と板倉鼎の油彩画を紹介するとともに、その関連作家の作品を紹介します。
4月21日(土)〜7月8日(日)9:00〜16:30 第1〜2展示室にて

★春のアート・コレクション 近代洋画の先駆者 浅井忠7 -浅井忠のドローイング-
県立美術館の作品収集の中核をなす、浅井忠関連の作品を紹介するシリーズの第7弾。浅井による鉛筆やペン、墨など様々に描かれた線描の作品を紹介します。
4月21日(土)〜7月8日(日)9:00〜16:30 第8展示室にて

▼アート・コレクション ガラス工芸の魅力
当館の収蔵作品の中からガラス工芸の優品を展示し、その魅力を紹介します。
4月21日(土)〜7月8日(日)9:00〜16:30 第8展示室にて

会場:
千葉県立美術館(千葉市中央区中央港1-10-1)

休館日:
月曜日(祝休日の場合は翌日)、臨時休館日、年末年始

開館時間:
9:00〜16:30

入館料:
大人300円、高大生150円、中学生以下・65歳以上無料、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳保持者の方および介護者、補助犬をお連れの方は無料です。※第7展示室は無料

アクセス:
〔列車で〕JR京葉線・千葉都市モノレール千葉みなと駅より徒歩10分

お問合せ先:
千葉県立美術館
(電話)043-242-8311 
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/ART/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月28日
広告

「子どもの日」「かわいいカモをつくろう」/県立中央博物館 大利根分館・千葉県香取市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年5月〜

内容/みどころ:
「子どもの日」「かわいいカモをつくろう」

@子どもの日 親子体験「お米の千歯こき&お釜でご飯を炊いて食べ比べ!」
昔の道具を使って稲からお米をとり、お釜で炊いたご飯をおにぎりにして試食します。家族で楽しくチャレンジしてみましょう。
5月5日(土・祝)10:30〜13:00
▼募集
10組(各組小中学生1名と保護者1〜2名)
▼保険料
50円
▼参加
事前申込み(電話)0478-56-0101
▼入場料
一般個人200 円、高大生100 円(中学生以下、65 歳以上は無料)

A体験講座「かわいいカモをつくろう」
木質プラスチックのカモ等の鳥の模型に色づけをします。
5月2日(水)〜4日(金・祝)・6日(日)10:30〜・13:30〜
▼募集
各回20名(当日先着順)小学生以上対象(未就学児は保護者同伴)
▼参加費
材料費150 円
▼入場料
一般個人200円、高大生100円(中学生以下、65歳以上は無料)

会場:
千葉県立中央博物館 大利根分館(香取市佐原ハ4500)


休館日:
月曜日(月曜日が祝日・振替休日に当たるときは開館し、翌日休館)※企画展開催期間中は休館なし

開館時間:
9:00〜16:30 ※入館は16:00まで

入館料:
一般200円、高・大学生100円、小・中学生と65歳以上および障害者手帳保持者は無料 ※企画展入場料 一般300円、高校・大学生150円、中学生以下・65歳以上は無料

アクセス:
〔列車で〕JR成田線佐原駅より潮来駅行きバスまたはJR鹿島線潮来駅より佐原駅行きバスで水生植物園入口下車徒歩約10分

お問合せ先:
千葉県立中央博物館分館 大利根分館
(電話)0478-56-0101
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/OTONE/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月26日
広告

5月のイベント/航空科学博物館・千葉県芝山町

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年5月〜

内容/みどころ:
5月のイベント

★企画展示 成田空港開港40年
5月20日で成田空港開港から40 年。その歩みを航空会社の変遷や飛来航空機の写真、記念品類等でご紹介します。
5月19日(土)〜7月22日(日)航空科学博物館2F展示室
▼費用
入館料のみ

★折紙飛行機教室
折紙飛行機を作って飛ばす教室を開催いたします。よく飛ぶコツなどもご説明いたします。
5月3日(木・祝)・4日(金・祝)・5日(土・祝)・6日(日)13:00〜14:30 航空科学博物館1F多目的ホール
▼費用等
参加無料

★集まれ!NARITA 空港車両
空港を縁の下で支える特殊車両が博物館に集まります。各車の担当が車両の解説等をいたします。一部車両は車内にも入れます。
5月27日(日)10:00〜15:00 航空科学博物館・館内外
▼費用
入館料のみ

★航空キッズアート展
園児・小学生を対象に、航空に関する絵画、デザイン、工作などを募集いたします。審査の結果、優れた作品には賞品もご用意しておりますので、奮ってご参加ください。皆様の楽しい作品をお待ちしております。
▼募集期間
4月1日(日)〜9月30日(日)
▼展示期間
11月1日(木)〜30日(金)
▼展示場所
航空科学博物館2F展示室

会場:
航空科学博物館(山武郡芝山町岩山111-3)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

開館時間:
10:00〜17:00(入館は16:30まで)

入館料:
大人500円、中高生300円、4歳以上200円

アクセス:
〔列車で〕JR成田線・京成線成田空港駅または空港第2ビル駅より成田空港交通バスAMB南三里塚行きで航空科学博物館下車

お問合せ先:
航空科学博物館
(電話)0479-78-0557
(ホームページ)http://www.aeromuseum.or.jp/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月25日
広告

磯 いそ探検隊/県立中央博物館分館 海の博物館・千葉県勝浦市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年5月4日(金・祝)・19日(土)

内容/みどころ:
磯・いそ探検隊(フィールドトリップ)

 研究員の案内で磯の生きものを観察します。※詳しい時間は海の博物館ウェブサイトをご参照ください。

会場:
千葉県立中央博物館分館 海の博物館(勝浦市吉尾123)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

開館時間:
10:00〜17:00 ※入館は16:30まで

入館料:
大人200円、中高生100円、中学生以下・65歳以上・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方無料

定員:
15名

資格:
3歳以上(小学生以下は保護者同伴)

申込:
当日受付(先着順)※開始10分前までにロビー受付にてお申し込みください。

料金:
保険料(50円)

アクセス:
〔列車で〕JR外房線鵜原駅より徒歩約15分

お問合せ先:
千葉県立中央博物館分館 海の博物館
(電話)0470-76-1133 
(ファックス)0470-76-1821
(Eメール)umihaku@chiba-muse.or.jp
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/index.htm

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月24日
広告

甲冑、小袖、裃の試着/千葉県立中央博物館 大多喜城分館・千葉県大多喜町

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年5月5日(土・祝)、6月15日(金)10:00〜、13:30〜

内容/みどころ:
甲冑、小袖、裃の試着

 大多喜城主の本多忠勝や徳川家康、真田幸村等の等身大複製甲冑や小袖などを試着してもらい武士の生活していた時代への興味・関心を持つためのお手伝いをします。

会場:
千葉県立中央博物館 大多喜城分館(大多喜町大多喜481)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

開館時間:
9:00〜16:30

参加料:
無料 ※常設展をご覧になる場合は以下の入館料がかかります。

入館料:
一般200円、高・大学生100円、小・中学生65歳以上・障害者手帳保持の方無料

アクセス:
〔列車で〕JR外房線茂原駅より小湊バス大多喜行きで久保下車徒歩約20分、JR外房線茂原駅よりHMC東京バス大多喜行きで大多喜駅下車徒歩約15分、いすみ鉄道デンタルサポート大多喜駅より徒歩15分

お問合せ先:
千葉県立中央博物館 大多喜城分館
(電話)0470-76-3007 
(ファックス)0470-82-4959
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/SONAN/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月23日
広告

森の中のクラフトフェア2018/須坂アートパーク・長野県須坂市

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年5月19日(土)10:00〜17:00、20日(日)9:00〜16:00 ※雨天決行

内容/みどころ:
森の中のクラフトフェア2018

 須坂の緑豊かな森の中で行われる“自然”と“アート”と“人のぬくもり”に出会える素敵なイベントです。陶芸・木工・ガラス工芸・織物などさまざまな分野のアーティスト・職人が、独特の手作り作品を持ち寄り、展示・販売しています。お気に入りのクラフトアートを見つけてみませんか。また、出店者の方の応募もお待ちしております。

実施内容:
体験や実演ブースもあります。

会場:
須坂アートパーク(須坂市野辺1386-8)

入館料(両館共通券):
500円(人形博物館と版画美術館の共通券)、中学生以下無料

開館時間:
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで

アクセス:
〔列車で〕長野電鉄線須坂駅よりタクシーで約8分 
〔お車で〕上信越道須坂長野東ICより約8分
〔駐車場〕あり
                        
お問合せ先:
森の中のクラフトフェア事務局(メセナホール内)
(電話)026-245-1800

情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月05日
広告

特別展 古代アンデス文明展/県立考古博物館・山梨県甲府市

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年5月19日(土)〜7月16日(月・祝)※休館日を除く。ただし7月16日は開館

内容/みどころ:
特別展 古代アンデス文明展

 南米大陸の太平洋岸では、南北4,000kmにおよぶ大地を舞台に約1万5千年の間、多様な文化の盛衰が繰り広げられました。いくつもの文化が連なり、影響しあう中で生まれた独自の宗教儀礼や芸術などを紹介します。※詳細は、http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/special/special2018.htmlをご覧ください。

実施内容:
5月26日、7月8日には「アルパカ」と写真撮影できるイベントがあります!

会場:
県立考古博物館(甲府市下曽根町923)
[ここに地図が表示されます]

休館日:
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)

開館時間:
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

観覧料:
▼常設展
一般・大学生210円、小・中・高校生無料
▼特別展
一般・大学生(前売り)860円・(当日)1,080円、小・中・高校生無料

アクセス:
〔列車で〕JR中央線・身延線甲府駅南口バスターミナル3番乗り場より山梨交通 豊富行きで約30分 県立考古博物館下車(料金 片道520円)
〔お車で〕中央道甲府南ICより

お問合せ先:
山梨県立考古博物館
(電話)055-266-3881
(ホームページ)https://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/index.html

情報提供:山梨県東京事務所様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年04月04日
広告

特別展 愛されて40年「100万回生きたねこ」佐野洋子の世界展/県立美術館・山梨県甲府市

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年4月21日(土)〜6月17日(日)

内容/みどころ:
特別展 愛されて40年「100万回生きたねこ」佐野洋子の世界展

 世代を超えて読み継がれているロングセラー絵本を中心として代表的な絵本・エッセイ原画の原画や小説の原稿などを展示し、作家の世界を紹介します!※詳細は、http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/schedule/をご覧ください。

次回予告:
特別展 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
触って遊べる体感型メディア・アートの展覧会です。体を動かすことで音や光をダイナミックに操ることができる作品など鑑賞する人が関わることで完成する作品を中心に展示します。子どもから大人まで、どなたでも楽しめる展覧会です。※「魔法の美術館」はフラッシュ無しでの撮影が可能です。
6月30日(土)〜8月26日(日)

会場:
県立美術館(甲府市貢川1-4-27)
[ここに地図が表示されます]

休館日
月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(日曜日の場合は開館)、年末年始、その他臨時開館・休館あり

開館時間:
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

観覧料:
▼コレクション展
一般510円、大学生210円、県外シニア(65歳以上)無料、県内シニア(65歳以上)無料、高校生以下の児童・生徒は無料
▼特別展
一般1,000円、大学生500円、県外シニア(65歳以上)1,000円、県内シニア(65歳以上)無料、高校生以下の児童・生徒は無料

アクセス:
〔列車で〕JR中央線・身延線甲府駅南口バスターミナル1番乗り場より山梨交通 御勅使(みだい)・竜王経由敷島営業所・大草経由韮崎駅・貢川(くがわ)団地の各行き先で約15分 山梨県立美術館下車。(料金 片道280円)
〔お車で〕中央道甲府昭和ICより約10分

お問合せ先:
山梨県立美術館
(電話)055-228-3322
(ホームページ)http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

情報提供:山梨県東京事務所様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年03月24日
広告

「房総の海の幸」「博物館探検隊」「磯・いそ探検隊」/県立中央博物館分館 海の博物館・千葉県勝浦市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年3月〜

内容/みどころ:
「房総の海の幸」「博物館探検隊」「磯・いそ探検隊」

@マリンサイエンスギャラリー 房総の海の幸
房総半島周辺の海は、外洋域と内湾域、南部と北部で海洋環境が大きく異なり、各地の海には多彩な生きものが生息しています。この展示では、海の幸として利用されている生物を中心にして、その生態や形態的特徴、食文化などについて紹介します。
2月23日(金)〜5月6日(日)9:00〜16:30

A博物館探検隊(バックヤードツアー)
ふだん見ることのできない博物館のバックヤードを,研究員の案内で巡ります。
4月29日(日・祝)13:30〜14:15
▼定員
15名
▼資格
3歳以上(小学生以下は保護者同伴)
▼申込
当日受付(先着順)※開始10分前までにロビー受付にてお申し込みください。

B磯・いそ探検隊(フィールドトリップ)
研究員の案内で磯の生きものを観察します。
4月21日(土)※詳しい時間は海の博物館ウェブサイトをご参照ください。
▼定員
15名
▼資格
3歳以上(小学生以下は保護者同伴)
▼申込
当日受付(先着順)※開始10分前までにロビー受付にてお申し込みください。
▼料金
保険料(50円)

会場:
千葉県立中央博物館分館 海の博物館(勝浦市吉尾123)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

開館時間:
10:00〜17:00 ※入館は16:30まで

入館料:
大人200円、中高生100円、中学生以下・65歳以上・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方無料

アクセス:
〔列車で〕JR外房線鵜原駅より徒歩約15分

お問合せ先:
千葉県立中央博物館分館 海の博物館
(電話)0470-76-1133 
(ファックス)0470-76-1821
(Eメール)umihaku@chiba-muse.or.jp
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/index.htm

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする