お知らせ
平成30年9月6日に発生しました、北海道胆振地方を震源とする地震により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2018年11月13日
広告

浅井愼平 写真展/ミュゼふくおかカメラ館・富山県高岡市

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年12月1日(土)〜2019年1月20日(日)

内容/みどころ:
浅井愼平 写真展

 浅井さんはビートルズ来日の際にオフィシャルカメラマンとして注目されこれまでに数多くの企業広告に作品を発表してきました。今回はアメリカやニュージーランドをはじめとする海外スナップを中心にご覧いただきます。日常生活の中で見過ごされてしまうような被写体が浅井さんの感覚により見出され自由で正解のない写真術として表現されています。また会期中は浅井さんご本人によるトークイベントやグランドピアノによるミュージアムコンサートなど関連イベントを準備しています。

会場:
ミュゼふくおかカメラ館(高岡市福岡町福岡新559)

休館日:
月曜日(祝日除く)、祝日の翌日(翌日が土・日の場合は火曜日)、年末年始(12月29日〜1月3日)、臨時休館

観覧時間:
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで

入館料:
一般300円、大学生・高校生200円、中学生・小学生100円 ※20名以上の団体は2割引、土・日・祝日は高校生以下無料
※今回の写真展は、一般800円、高校・大学生400円、小・中学生100円となります。
※団体20名以上は2割引
※65歳以上は640円(免許証等の提示が必要)
※土・日・祝日、夏休みは高校生以下無料
※祖父母と孫が一緒なら入館料無料(祖父母は、高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市にお住まいの方)

アクセス:
〔列車で〕あいの風とやま鉄道線福岡駅より徒歩5分
〔お車で〕能越道福岡ICより5分

お問合せ先:
ミュゼふくおかカメラ館
(電話)0766-64-0550
(ホームページ)http://www.camerakan.com/

情報提供:ミュゼふくおかカメラ館様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年09月29日
広告

「てっぱく11歳、秋の感謝祭!」「貨物ステーション〜カモツのヒ・ミ・ツ〜」/鉄道博物館・埼玉県さいたま市

都道府県名:埼玉県
開催日時・期間:
2018年10月〜

内容/みどころ:
「てっぱく11歳、秋の感謝祭!」「貨物ステーション〜カモツのヒ・ミ・ツ〜」

@鉄道博物館開館11周年記念イベント「てっぱく11歳、秋の感謝祭!」
鉄道博物館は2018年10月14日(日)に開館11周年を迎えます。これまでのご愛顧に感謝の気持ちを込めて、10月5日(金)〜29日(月)の間、「てっぱく11歳、秋の感謝祭!」を開催します。今年7月にオープンした南館の歴史ステーションを巡るガイドツアーや、「新幹線変形ロボシンカリオン」E5はやぶさ・E6こまちとの記念撮影、みんなでTRAIN SUITE 四季島に手を振るといった、大人からお子さままで楽しめるイベントを開催いたします。館内のレストラン、カフェでは開館11周年を記念して、期間限定メニューを販売いたします。
※イベントは一部を除き入館料のみでお楽しみいただけます。
※期間中、火曜日は休館いたします。
※詳細は、http://www.railway-museum.jp/press/pdf/20180920_1.pdfをご覧ください。
10月5日(金)〜29日(月)

A2018年 秋の企画展「貨物ステーション〜カモツのヒ・ミ・ツ〜」
今朝読んだ新聞の紙、昼に食べたカレーライスのじゃがいも、夜に飲んだビール…。それらはみな貨物列車で皆さんのところに運ばれてきたのかもしれません。実は私たちの生活に身近な存在でありながら、その実態を知る機会の少ない「鉄道貨物輸送」。今回の企画展では、様々な写真、図版と資料で鉄道貨物輸送の知られざる姿をご紹介します。※詳細は、http://www.railway-museum.jp/press/pdf/20180920_2.pdfをご覧ください。
10月20日(土)〜2019年2月24日(日)

会場:
鉄道博物館(さいたま市大宮区大成町3-47)
[ここに地図が表示されます]

料金:
一般1,300円、小中高生600円、幼児(3歳以上未就学児)300円

アクセス:
〔列車で〕埼玉新都市交通(ニューシャトル)鉄道博物館駅(大成駅)より
〔お車で〕首都高埼玉大宮線新都心西より

お問合せ先:
鉄道博物館 ※休館日を除く10:00〜18:00
(電話)048-651-0088

情報提供:埼玉県観光物産協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年09月15日
広告

青木絋二 報道の世界 写真展/ミュゼふくおかカメラ館・富山県高岡市

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年10月13日(土)〜11月25日(日)

内容/みどころ:
青木絋二 報道の世界 写真展

 青木 紘二(あおき・こうじ 魚津市出身)氏は、日本を代表するスポーツ写真家で、フォトエージェンシー・アフロ代表でもあります。スイス国家認定スキー教師(No.6824)の資格を持ち、写真の道に入る前はスキー教師を5シーズン勤めたキャリアを有しています。2017年4月、オリンピック写真撮影の総責任者である東京2020オリンピック・パラリンピック委員会のフォトチーフに就任。「冬季オリンピック 報道の世界」では、1984年サラエボから2018年平昌まで、日本中を歓喜に導いた選手たちの専心した姿を捉えています。オリンピックの撮影をライフワークとして、夏・冬合わせ18の大会を記録した中から厳選した名シーンをご覧いただきます。

同時開催:
▼青木紘二クライアントワーク PART1写真展
内 容 「クライアントワーク PART1写真展」では、広告撮影のカメラマンとしてコマーシャル分野を飾ってきた作品をご紹介いたします。技術と経験がいかんなく発揮された写真は、スポーツ、人物、風景、動物など多岐にわたり、「輝きの瞬間」として表現されています。
10月13日(土)〜11月25日(日)ミュゼふくおかカメラ館 多目的ホールにて

関連事業:
▼青木紘二トークイベント
10月13日(土)14:00〜1時間程度
▼パンプキンナイトミュージアム
10月27日(土)※夜間延長20:00まで(入館は19:30 まで)
▼ミュージアムコンサート―hibiki―
10月28日(日)14:00〜1時間程度
出演 谷道実子(サックス)・中野悠里(ピアノ)、曲目 ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」より「冬」 ほか

会場:
ミュゼふくおかカメラ館(高岡市福岡町福岡新559)

休館日:
月曜日(祝日除く)、祝日の翌日(翌日が土・日の場合は火曜日)、年末年始(12月29日〜1月3日)、臨時休館

観覧時間:
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで

入館料:
一般300円、大学生・高校生200円、中学生・小学生100円 ※20名以上の団体は2割引、土・日・祝日は高校生以下無料
※今回の写真展は、一般800円、高校・大学生400円、小・中学生100円となります。
※団体20名以上は2割引
※65歳以上は640円(免許証等の提示が必要)
※土・日・祝日、夏休みは高校生以下無料
※祖父母と孫が一緒なら入館料無料(祖父母は、高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市にお住まいの方)

アクセス:
〔列車で〕あいの風とやま鉄道線福岡駅より徒歩5分
〔お車で〕能越道福岡ICより5分

お問合せ先:
ミュゼふくおかカメラ館
(電話)0766-64-0550
(ホームページ)http://www.camerakan.com/

情報提供:ミュゼふくおかカメラ館様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年08月22日
広告

秋季企画展/碌山美術館・長野県安曇野市

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年9月22日(土)〜11月4日(日)※会期中無休

内容/みどころ:
秋季企画展 彫刻から造形思考へ ー荻原守衛とその系譜ー

 荻原守衛の系譜に連なる彫刻家を紹介する企画展です。荻原によって開かれた日本近代彫刻がいかにして受け継がれ、作家の造形思考に発露していったかをご覧ください。

会場:
碌山美術館(安曇野市穂高5095-1)
[ここに地図が表示されます]

休館日:
11月〜4月は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日〜31日。※5月〜10月は無休

開館時間:
3月〜10月は9:00〜17:10、11月〜2月は9:00〜16::10(入館は30分前まで)

観覧料:
大人700円、高校生300円、小中学生150円 ※団体は20名以上で割引

アクセス:
〔列車で〕JR大糸線穂高駅より徒歩7分
〔お車で〕長野道安曇野ICより15分

お問合せ先:
碌山美術館
(電話)0263-82-2094
(ファックス)0263-82-9070
(ホームページ)http://www.rokuzan.jp/

情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年08月21日
広告

企画展「これが真田丸だ!」〜第2期〜/九度山 真田ミュージアム・和歌山県九度山町

都道府県名:和歌山県
開催日時・期間:
2018年9月5日(水)〜2019年3月31日(日)9:00〜17:00 ※最終入館16:30

内容/みどころ:
企画展「これが真田丸だ!」〜第2期〜

 『真田丸』の全貌と強さの秘密を、ジオラマやグラフィックパネル・映像などによりさまざまな角度から解明します。

会場:
九度山 真田ミュージアム(伊都郡九度山町九度山1452−4)
[ここに地図が表示されます]

料金:
大人(高校生以上)500円、小人(小学生・中学生)250円

アクセス:
〔列車で〕南海高野線九度山駅より徒歩10分
〔お車で〕阪和道和歌山ICより国道24・371号線へ

お問合せ先:
九度山 真田ミュージアム
(電話)0736-54-2727
(ホームページ)https://www.kudoyama-kanko.jp/sanada/index.html

情報提供:わかやま紀州館様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年08月13日
広告

特別企画 秋のひな 豪商田中本家のひな祭り/豪商の館 田中本家博物館・長野県須坂市

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年9月14日(金)〜12月16日(日)
 
内容/みどころ:
特別企画 秋のひな 豪商田中本家のひな祭り

 江戸時代、3月のひな祭りに飽き足らず、秋の節句にもひな人形を飾る「後の雛」(のちのひな)とよばれる風習がありました。重陽の節句とともに長寿の願いをこめてひな人形を飾りました。今回は、江戸・明治・大正・昭和4世代にわたる田中本家伝来のひな人形を特別公開します。

会場:
豪商の館 田中本家博物館(須坂市穀町476)

開館時間:
入館は閉館の30分前まで
▼9月〜11月
9:00〜17:00
▼12月〜2月
10:00〜15:30

休館日:
毎週火曜日、年末年始、展示替え等による臨時休館日 ※10月は無休で営業。11月6日(火)・13日(火)は営業いたします。

入館料:
大人900円、中高生350円、小学生250円

アクセス:
〔列車で〕長野電鉄線須坂駅よりバスで約10分 南原町西下車またはタクシーで約5分
〔お車で〕上信越道須坂・長野東ICより約15分

お問合せ先:
豪商の館 田中本家博物館
(住所)〒382-0085 長野県須坂市穀町476    
(電話)026-248-8008
(ファックス)026-245-4780
(Eメール)info@tanakahonke.org
(ホームページ)http://www.tanakahonke.org
       
情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年06月26日
広告

長八まつり/伊豆の長八美術館ほか・静岡県松崎町

都道府県名:静岡県
開催日時・期間:
2018年9月23日(日)

内容/みどころ
長八まつり

長八まつり 松崎町.jpg 1815年に伊豆松崎の農家に生まれ、左官棟梁関仁助に弟子入りをし、技を磨きながら江戸で狩野派の絵を学び、漆喰を鏝(こて)で巧みに描き芸術の域まで昇華させた伊豆の長八(入江長八)を讃え、開催する当イベントは、今年で34回目を迎えます。

実施内容:   
★長八フェスティバル
音楽祭や地場産品の直売等
▼園芸大会
バンド演奏、ダンス、吹奏楽演奏、牛原太鼓等
▼左技士選手権大会
光る泥だんごの制作
▼体験コーナー
漆喰鏝絵の制作体験
▼ふるさと物産コーナー
魚介類、パン、授産所製品、松崎ブランド認定品等の販売
▼第19回 全国漆喰鏝絵コンクール入賞作品特別展
9月23日(日)〜10月31日(水)伊豆の長八美術館にて

会場:
伊豆の長八美術館(賀茂郡松崎町松崎23)周辺、中宿通り

アクセス:
〔列車で〕伊豆急行線伊豆急下田駅より松崎または堂ヶ島行バスで50分、伊豆箱根鉄道線修善寺駅より松崎または長八美術館行バスで120分

お問合せ先:
松崎町企画観光課
(電話)0558-42-3964
(ホームページ)http://izumatsuzakinet.com/

情報提供:静岡県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年06月20日
広告

夏季企画展 美に生きる/碌山美術館・長野県安曇野市

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年7月21日(土)〜9月2日(日)

内容/みどころ:
夏季企画展 美に生きる ー荻原守衛の親友たちー

 荻原守衛は彫刻家としての資質にも恵まれ、才能あふれる友人にも恵まれました。彫刻家、詩人として多くの影響を与えた高村光太郎。彫刻・挿絵・版画などのジャンルを手掛けて繊細な作品を制作した戸張孤雁。肖像画家として活躍した柳敬助。日本の洋画界に大きな足跡を残した斎藤与里。美に生きた四人のそれぞれの芸術をご覧ください。

会場:
碌山美術館(安曇野市穂高5095-1)
[ここに地図が表示されます]

休館日:
11月〜4月は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日〜31日。※5月〜10月は無休

開館時間:
3月〜10月は9:00〜17:10、11月〜2月は9:00〜16::10(入館は30分前まで)

観覧料:
大人700円、高校生300円、小中学生150円 ※団体は20名以上で割引

アクセス:
〔列車で〕JR大糸線穂高駅より徒歩7分
〔お車で〕長野道安曇野ICより15分

お問合せ先:
碌山美術館
(電話)0263-82-2094
(ファックス)0263-82-9070
(ホームページ)http://www.rokuzan.jp/

情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年06月14日
広告

田中本家プレミアム 所蔵品よる小企画展 魅惑のもろこし 田中本家の中国美術/豪商の館 田中本家博物館・長野県須坂市

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年7月13日(金)〜9月9日(日)
 
内容/みどころ:
田中本家プレミアム 所蔵品よる小企画展 魅惑のもろこし 田中本家の中国美術

 日中平和友好条約締結40周年。中国の文物は江戸時代の人々の憧れだった。田中本家に伝わる中国美術品を初公開。

会場:
豪商の館 田中本家博物館(須坂市穀町476)

開館時間:
入館は閉館の30分前まで
▼9月〜11月
9:00〜17:00
▼12月〜2月
10:00〜15:30

休館日:
毎週火曜日、年末年始、展示替え等による臨時休館日 ※企画展会期中 4月は無休。5〜7月は毎週火曜日が休館日となります。ただし、5月1日(火)は営業いたします。

入館料:
大人800円、中高生350円、小学生250円

アクセス:
〔列車で〕長野電鉄線須坂駅よりバスで約10分 南原町西下車またはタクシーで約5分
〔お車で〕上信越道須坂・長野東ICより約15分

お問合せ先:
豪商の館 田中本家博物館
(住所)〒382-0085 長野県須坂市穀町476    
(電話)026-248-8008
(ファックス)026-245-4780
(Eメール)info@tanakahonke.org
(ホームページ)http://www.tanakahonke.org
       
情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

2018年06月05日
広告

企画展 誕生50年 リカちゃん展/県立美術館・山梨県甲府市

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年7月14日(土)〜9月3日(月)

内容/みどころ:
企画展 誕生50年 リカちゃん展

 山梨県立博物館では、女の子の大好きなリカちゃん人形の誕生50周年を記念した企画展を開催します。リカちゃんの洋服、ヘアスタイル、世界観は日本の50年の変化と連動してきました。おばあさまと、おかあさまと、世代をこえて楽しめる内容です。山梨会場オリジナルリカちゃんの特別展示や、限定グッズの販売もあります。
是非ご来場ください!

会場:
県立美術館(甲府市貢川1-4-27)
[ここに地図が表示されます]

休館日
月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(日曜日の場合は開館)、年末年始、その他臨時開館・休館あり

開館時間:
9:00〜17:00(入館は16:30まで)

観覧料:
一般510円、大学生210円、県外シニア(65歳以上)無料、県内シニア(65歳以上)無料、高校生以下の児童・生徒は無料
※常設展・企画展の共通券は、一般・大学生・県外シニア(65歳以上)は820円となります。

アクセス:
〔列車で〕JR中央線・身延線甲府駅南口バスターミナル1番乗り場より山梨交通 御勅使(みだい)・竜王経由敷島営業所・大草経由韮崎駅・貢川(くがわ)団地の各行き先で約15分 山梨県立美術館下車。(料金 片道280円)
〔お車で〕中央道甲府昭和ICより約10分

お問合せ先:
山梨県立美術館
(電話)055-228-3322
(ホームページ)http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/

情報提供:山梨県東京事務所様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする