観光情報 トレインナビねっと > 鉄道
広告
2018年09月21日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年10月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★埼玉西武ライオンズ 目指せ優勝!!S-TRAINを新木場まで延長運転します! 西武鉄道が埼玉西武ライオンズを総力応援!
現在、2008年以来10年ぶりのパ・リーグ優勝を目指して激闘を繰り広げている埼玉西武ライオンズを応援するため、西武鉄道株式会社では、9月20日(木)・21日(金)の2日間、ZOZOマリンスタジアムにて開催される埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ戦にあわせて、東京地下鉄株式会社のご協力により、当社沿線から観戦に便利な臨時電車を運転いたします。また、車内では埼玉西武ライオンズの特別編集映像(※変更となる場合がございます。)をSmileビジョンに放映し、応援に向かわれるお客さまを盛り上げます。ぜひ、埼玉西武ライオンズに熱い声援を届けに、皆さまお誘いあわせの上、ご利用ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/180918_S-trainentyou.pdfをご覧ください。

★駅ナカ・コンビニ「トモニー秋津駅店」 をリニューアルオープンします! 9月27日(木)〜29日(土)リニューアルオープンセールを実施します
西武鉄道株式会社では、9月27日(木)に駅ナカ・コンビニ「トモニー秋津駅店」をリニューアルオープンします。トモニーは、株式会社ファミリーマートと当社が共同展開している西武線の駅ナカ・コンビニで、「もっと便利に」をキーワードとして、駅を利用される多くのお客さまに「今までより便利になった!」と実感していただける店舗を目指しております。なお、この取り組みは「西武グループ長期戦略」に掲げられているテーマ「お客さまの生活を応援する企業へ」に基づくものです。今回のリニューアルにあたり、お客さまの利便性向上のため、売場面積を約2倍に拡大しておむすび・サンドイッチなどの中食商品や飲料の品揃えを充実させるほか、ファミチキ・焼きとりなどのホットスナックやコーヒー・フラッペ各種「FAMIMA CAFÉ(ファミマ カフェ) 」の取り扱いを開始します。また、売場を改札内から改札外へ変更し、駅をご利用になるお客さまだけでなく、駅周辺にお住まいの方にもご利用いただけるようになります。このたびのリニューアルを記念して、9月27日(木)から29日(土)まで、リニューアルオープンセールとしておむすび・サンドイッチなどの割引販売を実施します。皆さまのご来店をお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄り下さい。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180907tomony_akitsurenewal.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年09月14日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年10月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★埼玉西武ライオンズ 目指せ優勝!!西武鉄道が埼玉西武ライオンズを総力応援!西武球場前駅の駅看板・待合室をライオンズ仕様に装飾します!
現在、2008年以来10年ぶりのパ・リーグ優勝を目指して激闘を繰り広げている埼玉西武ライオンズを応援するため、西武鉄道株式会社では、9月14日(金)15:00頃より、埼玉西武ライオンズの本拠地、メットライフドームの最寄駅である「西武球場前駅」をライオンズ仕様の装飾を施し盛り上げます。待合室の各窓ガラス上部にはライオンズロゴ・40周年ロゴを装飾します。さらに、ホーム上の一部駅名看板には本来狭山線の終点である同駅では見られない次駅表示として「優勝へ」と2018チームスローガンを施します。ぜひ、埼玉西武ライオンズへ熱いご声援を届けに、西武鉄道にご乗車のうえメットライフドームへお越しください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180912SEIBU%C3%97LIONS2018.pdfをご覧ください。

★西武鉄道・伊豆箱根鉄道・近江鉄道『西武グループ「赤電コラボ」記念乗車券』発売 各社デザインが異なる 3 種類のオリジナル台紙に、各社で現在運行中の「赤電」がデザインされた硬券きっぷ6枚をセットにして発売します!〜9月29日(土)「近江鉄道グループありがとうフェスタ2018」(彦根駅西口)会場内にて先行販売!イベント当日は各社バージョンの記念乗車券を3種1組にして50組限定で発売します。〜
西武鉄道株式会社、伊豆箱根鉄道株式会社、近江鉄道株式会社では、各社で現在運行中の「赤電」をデザインした乗車券セット『西武グループ「赤電コラボ」記念乗車券』を発売します。この記念乗車券は、各社デザインが異なる3種類のオリジナル台紙に、各社で現在運行中の「赤電」がデザインされた硬券きっぷ6枚がセットになっています。「赤電」とは、レッドとベージュのツートンに塗り分けられた電車の通称で、1960年代から1990年代まで西武鉄道で活躍していました。各社では当時の赤電の塗装を施した電車を運行し、近江鉄道では、創立120周年を記念して2016年6月に近江鉄道線全線で、西武鉄道では、2017年12月に多摩湖線・多摩川線で、伊豆箱根鉄道では大雄山線開業90周年を記念して2016年10月に大雄山線で運行を開始しました。なお、この記念乗車券は9月29日(土)に開催する「近江鉄道グループありがとうフェスタ2018」(彦根駅西口)会場内にて各社バージョンの記念乗車券を3種1組にして50組限定で発売するほか、西武鉄道、伊豆箱根鉄道、近江鉄道の各社バージョンを先行発売します。さらに、10月3日(水)からは、西武鉄道、伊豆箱根鉄道、近江鉄道の指定駅で一般発売します。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180912redtrain_ticket.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年09月12日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年10月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★西武鉄道 PRESENTS プログラミング体験教室 by CODE FRIENDS
西武鉄道株式会社は、株式会社ニッポン放送が運営するプログラミングスクール「CODE FRIENDS(コードフレンズ)」と連携し、西武線沿線にお住まいのお客さまへ新たなサービスをご提案すべく、親子で一緒に体験できる「プログラミング体験教室」を10月21日(日)に開催します。第2回目となる今回は、早稲田大学人間科学部菊池研究室の現役大学生にも当日の運営に参加していただき、よりプログラミングの魅力を実感していただける内容となっております。将来役立つ習い事として、今注目のプログラミング!この機会にぜひご参加ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180910SEIBUprogrammingschool.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年09月11日

特別撮影会/野辺山SLランド・長野県南牧村

都道府県名:長野県
開催日時・期間: 
2018年9月15日(土)・16日(日)※雨天中止 ※要申込

内容/みどころ:
特別撮影会

 8月末で閉園しました野辺山SLランド内の外から見られない場所にて、SL362号機と酒井工作所製7トンDL他の車両含む撮影会です。※詳細は、http://senro.cocolog-nifty.com/blog/をご覧ください。

会場:
野辺山SLランド(南佐久郡南牧村野辺山181-1)
[ここに地図が表示されます]

参加費:
1人5000円

申込方法:
senro@rail.nifty.jpへ

アクセス:
〔列車で〕JR小海線野辺山駅より徒歩20分
〔お車で〕中央道須玉ICより国道141号線を清里方面へ約25km 30分
〔駐車場〕あり

お申込み/お問合せ先:
せんろ商会
(Eメール)senro@rail.nifty.jp

情報提供:せんろ商会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年09月08日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年10月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★秩父市吉田「龍勢祭(りゅうせいまつり)」に合わせ 10月14日(日)臨時特急電車を運行します!
西武鉄道株式会社では、10月14日(日)秩父市吉田の椋(むく)神社で開催される「龍勢祭」に合わせて、臨時特急電車を往路・復路で各1本ずつ運行します。“龍勢”とは「椋神社秋の大祭」に奉納する神事として、代々伝承され続けてきた「手づくりロケット」のことです。檜にかけて打ち上げる様が、龍の昇天の姿に似ていることから龍勢と呼ばれています。龍勢はロケット推進の噴射によって約500メートルの高さまで上昇するもので、土地の古老より構造や火薬の取り扱い方などを伝承した若衆が製造します。伝承技術の相違によって二十七流派あり、それぞれが独自の工夫をこらすため、各龍勢も個性的なものに仕上がります。観客が打上げの成功を一喜一憂する中、三十数本の龍勢が十数分おきに打ち上げられます。さらに今年は、2018年3月8日「秩父吉田の龍勢」として国の重要無形民俗文化財に指定され、例年以上に盛り上がることが予想されます。この機会にゆったり座れる特急レッドアロー号で、秩父市吉田「龍勢祭」におでかけください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/201800905ryuuseirinden.pdfをご覧ください。

★〜半数以上が「PASMO忘れ」の経験者!〜あなたのスムーズな乗車のために。「PASMO忘れ」防止イベントを実施します。
みなさまにご愛用いただいているPASMOは、昨年10周年を迎えおかげさまで3,628万枚が流通するまでに成長いたしました(2018年7月31日現在)。みなさまにご利用いただいている一方で、お出かけの際うっかりPASMOをご自宅に忘れてしまう「PASMO忘れ」を経験する方が多いという現実があり(※1)、スムーズな乗車をしていただくためにも、「PASMO忘れ」防止イベントを実施することといたしました。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180906_PASMOevent.pdfをご覧ください。
▼出展イベント
9月15日(土) 東京都交通局 バスまつり2018in晴海
10月6日(土)・7日(日) 第25回鉄道フェスティバル
11月10日(土) 横浜市営交通 はまりんフェスタ2018
※今年はPASMOオリジナルグッズの販売は行いませんので、予めご了承ください。
▼実施内容
上記イベント会場のPASMOブースにて、PASMO公式 Twitter にフォローの上、Twitter上で「PASMO持ち方一斉調査!」アンケートにご回答いただくと、「PASMOオリジナルトイレットペーパー」をその場で進呈いたします。※なくなり次第終了
また、上記イベント会場のPASMOブースにお越しいただくと、「PASMOオリジナルマグネット」を配布いたします。PASMOのロボット(着ぐるみ)も登場する予定です。
▼特設サイト
https://www.pasmo.co.jp/campaign/

★2018年9月10日(月)より浮世絵をモチーフにした「迷惑図絵」によるマナーアップPR第8弾を開始します!テーマは「車内での“はしゃぎまわり”」
西武鉄道株式会社では、9月10日(月)より、「浮世絵」をモチーフにした新鮮でわかりやすく、外国人のお客さまにも興味を持っていただける、マナーアップPR第8弾を開始します。本マナーアップPRは、2016年9月より実施しており、西武線をご利用のお客さまだけでなく、外国人のお客さまからも大変ご好評をいただいております。今回のテーマは「車内での“はしゃぎまわり”」です。秋の行楽シーズン、ご家族でのご旅行や学校の遠足等でご利用されるお客さまが増えるなか、楽しい時間を過ごし、羽目を外したくなりがちですが、みんなが過ごしやすい快適な車内空間となるよう、周囲への配慮と心配りを呼びかけます。デザインは、当社40000系のパートナーゾーンで、楽しい旅へ向かう途中、うきうきするあまりつい車内ではしゃぎまわってしまう無邪気な子どもたちに見立てた子ザルで表現しています。色づく山々の車窓風景や紅葉柄の着物で演出した秋らしさを楽しんでいただきながら、お客さまのマナーに対する“気づき”につなげ、車内では他のお客さまに配慮していただきたいという思いで制作しました。駅ポスター、中吊りポスターは駅構内・車内にて9月10日(月)より掲出するとともに、車内の“Smileビジョン”やYouTube西武鉄道公式チャンネルなどには動画を順次掲出します。当社では、ポスターや動画などを通じて、お客さまとともに快適な車内・駅構内環境の実現を引き続き目指していきます。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180906ukiyoemanner_8.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年09月06日

黒部峡谷ミステリー/黒部峡谷鉄道 宇奈月駅ほか・富山県黒部市

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年9月30日(日)まで

内容/みどころ:
黒部峡谷ミステリー

 ストーリーは、トロッコ電車で探検し、黒部峡谷の奥深くに眠る「伝説の秘宝」を探し出すというもので、雄大なV字峡谷を縫って走るトロッコ電車に揺られながら謎を解く感覚は、「子どもは正に探検隊になった感覚で、熱中して取組んで楽しんでくれた。」といった声があがるなど、好評を博し、展開されております。さらに9月1日(土)から開催される、大人向けの中級編「黒部峡谷ミステリー」も開催予定で、こちらも、「トロッコ迷宮からの脱出」を軸に本格的なストーリー構成がされています。謎解きゲームの参加費は無料で、トロッコ電車の宇奈月駅〜欅平駅間の往復乗車券の購入が必要になります。大人3,960円、子ども(小学生)1,980円。※詳細は、https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000033479.htmlをご覧ください。

会場:
黒部峡谷鉄道 宇奈月駅(黒部市宇奈月温泉)ほか

アクセス:
〔列車で〕富山地方鉄道線宇奈月温泉駅より徒歩3分
〔お車で〕北陸道黒部ICより約20分
〔駐車場〕有料 約350台

お問合せ先:
黒部峡谷鉄道株式会社
(電話)0765-62-1800
(ファックス)0765-62-1724
(ホームページ)http://www.kurotetu.co.jp/

情報提供:黒部峡谷鉄道株式会社様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年08月26日

京都丹後鉄道 全線運転再開記念 西舞鶴駅にて丹後くろまつ号の出発式/西舞鶴駅・京都府舞鶴市

都道府県名:京都府
開催日時・期間:
2018年9月1日(土) 

内容/みどころ:
京都丹後鉄道 全線運転再開記念 西舞鶴駅にて丹後くろまつ号の出発式

 京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社は、西日本豪雨の影響で7月5日(木)より 運転の見合わせ・ルート変更が発生しておりましたが、9月1日(土)をもって観光列車を含む全便にて、通常通り運転を再開します。この全線運転再開を記念し、この度の運休に伴いご心配をおかけした方や、復旧作業に尽力いただいた方に「感謝の意」を込め、運休期間中車庫にて駐留していた「丹後くろまつ号」を利用した出発式を9月1日(土)西舞鶴駅にて開催します。この出発式を一つの区切りとして、沿線の皆様に支えられている鉄道ということを忘れず、これからも地域のシンボルとして地元の方々に愛される鉄道を目指していきます。この度の西日本豪雨災害の影響により、土砂崩れや線路崩壊など、沿線全体で27箇所の被害があり、約2か月のあいだ一部区間での運休や観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」の運休を余儀なくされ、丹鉄にとって過去最大の被害状況となりました。期間中はバスの代行輸送や一部ルートを変更しての運行を実施し、利用者の皆様の足を支えてまいりました。復旧に関しては、今夏の猛暑や沿線住民の皆様へ負担のかからない 状況での復旧作業となったため、作業が難航する場面もありましたが、沿線の皆様や関係者のあたたかいご支援・ご協力のおかげで、想定よりも早い全線開通の日を迎えることができました。出発式では、運休に伴い、ご心配をおかけした沿線住民の皆様や、復旧作業に尽力いただいた方など、丹鉄を応援いただいている方々を「丹後くろまつ号」へご招待し、丹鉄珈琲とスイーツコース提供事業者の「アメイロビストロアルル」のスイーツ1品を提供するほか、京都府立西舞鶴高等学校吹奏楽部の演奏や、舞鶴観光協会キャラクター「ちょきまる」、三鶴幼稚園生、永福保育園生による旗振りで「丹後くろまつ号」を見送ります。また、「#つながる丹鉄」のハッシュタグを付けてSNS(TwitterまたはInstagram)にご投稿いただいた写真や、災害から復旧に至るまでの取り組み写真の展示を西舞鶴駅構内にて実施します。

会場:
西舞鶴駅(舞鶴市字伊佐津)
[ここに地図が表示されます]
アクセス:
〔列車で〕JR舞鶴線・京都丹後鉄道宮津線西舞鶴駅より
〔お車で〕舞鶴若狭道舞鶴西ICより

お問合せ先:
WILLER TRAINS株式会社
(電話)0570-200-770

情報提供:WILLER TRAINS 株式会社様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年9月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★9月22日(土)・23日(日・祝)・24日(月・振休)の3日間 特急レッドアロー号の一部が小平駅に臨時停車します
西武鉄道株式会社では、秋のお彼岸時期にあわせ、9月22日(土)・23日(日・祝)・24日(月・振休)の3日間、新宿線の特急レッドアロー号の一部が小平霊園の最寄り駅である小平駅に臨時停車します。これは、特急レッドアロー号が通常停車しない小平駅に臨時停車することにより、小平霊園へご来園のお客さまの利便性向上を図るため実施するものです。小平霊園へご来園の際は、全席指定でゆったり座ってご乗車いただける、特急レッドアロー号をどうぞご利用ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180821_kodairarintei.pdfをご覧ください。

★西武鉄道グッズ新商品を発売します!
西武鉄道株式会社では、8月25日(土)より、駅ナカ・コンビニ「トモニー」にて西武鉄道グッズ新商品を発売します。「ぐで玉川上水駅アクリルキーホルダー」はぐでたま×西武鉄道シリーズの鉄道グッズ第2弾として、拝島線玉川上水駅で使用されている駅名看板「ぐで玉川上水駅」をアクリルキーホルダーにした商品です。色は黄色と白色の2色をご用意しています。30000系10周年記念グッズ「ペーパークリップ」「アクリルスタンド付きマグネット」は2008年に運行を開始した30000系スマイルトレインが描かれた可愛らしい商品です。また「451系マフラータオル」「451系マウスパッド」は懐かしの車両グッズとして当時の車両の姿が描かれており、面影が蘇る商品となっております。「N101系タッチアンドゴー」は現在運行中のカラフルな101系の姿や、懐かしのカラーを色鮮やかに描かれた商品となっております。いずれの商品も世代を超えてお楽しみいただける商品となっておりますので、ご自宅や学校・職場でのご利用や、話題づくりにいかがでしょうか。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180824seibu_newgoods.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年08月11日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年9月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★全国有数の曼珠沙華の群生地!高麗(こま)・巾着田(きんちゃくだ)の曼珠沙華(まんじゅしゃげ)開花時期に合わせ、特急レッドアロー号の一部が「高麗」駅に臨時停車・増発します!
西武鉄道株式会社では、全国有数の曼珠沙華(彼岸花)の群生地、高麗・巾着田(埼玉県日高市高麗本郷、池袋線「高麗」駅から徒歩約15分)へお出かけ
のお客さまの利便を図るため、9月15日(土)から24日(月・振)までの毎日、特急レッドアロー号の一部を池袋線「高麗」駅に臨時停車するとともに、普通電車についても同期間中の毎日、飯能〜高麗駅間で臨時電車を増発します。さらに、秋の行楽シーズンに秩父方面へお出かけのお客さまの利便を図るため、9月15日(土)から24日(月・振)までの土曜・休日に、特急レッドアロー号の下り飯能行2本を西武秩父行に、上り飯能始発 2 本を西武秩父始発としてそれぞれ延長運転、上り西武秩父始発1本を増発いたします。なお、延長運転および増発する特急レッドアロー号は、「高麗」駅にも臨時停車します。また、高麗・巾着田の最寄駅「高麗」駅前では、曼珠沙華の見頃期間に合わせ、「花さんぽステーション」を開設(開設期間・時間 9月15日(土)〜30日(日)9:00〜15:00 ※開花状況により、開設期間や時間が変更になる場合があります。)。お客さまに現地へのアクセスや周辺の見所をご案内いたします。さわやかな秋のひととき、西武線に乗って、高麗・巾着田で美しい自然に触れてみてはいかがでしょうか。※開花状況により、臨時停車および臨時電車の期間や運行時刻が変更になる場合があります。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180807manjyurinden.pdfをご覧ください。

★エミオ東久留米に“西武初”24時間営業のフィットネスクラブ開業『西武フィットネスemifit東久留米』2018年11月下旬OPEN!予定
西武レクリエーション株式会社は、西武鉄道株式会社が所有する「エミオ東久留米」に、西武フィットネスクラブとしては初となる24時間営業の小型クラブ「西武フィットネス emifit 東久留米」を2018年11月下旬(予定)オープンします。「emifit(エミフィット)」とは、施設に集うお客さまが、日々、笑顔で過ごすことができるようにという願いを込めた『笑み(エミ)』と、そして、フィットネスのフィットという意味はもちろん、施設に集うお客さま一人ひとりにフィットするクラブでありたいという思いを込めた『フィット』から生まれた名称です。2018年4月に開業した emifit 鷺ノ宮(西武鉄道新宿線鷺ノ宮駅約3分)に続き2店目となる「emifit 東久留米」も、お客さま一人ひとりに寄り添い、お客さまの生活を応援できるクラブを目指してまいります。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180807emifithigashikurume.pdfをご覧ください。

★「「西武鉄道×LAIMO&爽爽猫キャンペーン」大好評につき、キャンペーンを2月末まで延長します!」
西武鉄道株式会社では、2017年10月27日(金)より実施中の台湾で人気のキャラクター“LAIMO(ライモ)”と“爽爽猫(ソウソウネコ)”を活用した「西武
鉄道×LAIMO&爽爽猫キャンペーン」が多くの海外からのお客さまにご参加いただき好評なため、この度、2019年2月28日(木)までキャンペーン期間を延長します。対象の乗車券を指定の交換場所でご提示いただくと、もれなく「西武鉄道×LAIMO&爽爽猫 オリジナル限定グッズ」をプレゼントします。また、9月1日(土)からは、訪日外国人向け観光案内所「西武ツーリストインフォメーションセンター池袋(TIC 池袋)」でも交換が可能となります。このほか、LAIMO と爽爽猫が西武線沿線の観光地である秩父・長瀞、川越などを満喫するオリジナルアニメーションを、Smile ビジョンや駅構内に設置されているデジタルサイネージ、YouTube 西武鉄道公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCI51nhuV2Dbxuud6lVBrVLg)、特設Webサイト(https://www.goodlucktripjapan.com/special/seibu-laimo-songsongmeow/)でも引き続き放映します。また、LAIMO と爽爽猫が装飾されたラッピング電車2編成も運行中のため、西武線アプリで探してください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180808_SEIBUxLAIMO%EF%BC%86songsongmeow_2.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告
2018年08月01日

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年7月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★西武線沿線カレーラリー2018
西武鉄道株式会社では、8月1日(水)〜9月30日(日)までの期間、「西武線沿線カレーラリー2018」を開催します。この「西武線沿線カレーラリー2018」は、好評いただいている西武線沿線グルメラリーの第4弾として開催するものです。西武線沿線にはカレー店舗の名店が数多くあり、西武線沿線地域の情報サイト「GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)」では「カレー部」として紹介しています。今回は「カレー部」に掲載している店舗を含め、人気の12店舗を選定。美味しいカレーを多くのお客さまに食べていただきたいという願いを込めて、西武線沿線の食文化のPRと、地域活性化を目的に開催します。「西武線沿線カレーラリー2018」は西武線各駅(小竹向原駅を除く)他で配布するパンフレットに掲載されている店舗でカレーを食べてスタンプをもらい、異なる対象店舗のスタンプを「6つ」集めると、指定の6駅で「オリジナルスプーン」と「Wチャンス応募はがき」をプレゼント。さらに「Wチャンス」にご応募いただくと、抽選で40名さまに「オリジナルランチョンマット」をプレゼントします。ぜひこの機会に、西武線沿線の人気のカレー店で自慢の一品をご堪能ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180726curryrally2018.pdfをご覧ください。

★西武線沿線を舞台としたショートドラマ「SEIBU Short Stories」第2話を公開
西武鉄道株式会社では、西武線沿線の魅力をお伝えするショートドラマ「SEIBU Short Stories」の第2話を7月27日(金)より順次公開します。これは、コーポレートメッセージ「あれも、これも、かなう。西武鉄道」の広い認知と深い理解を促し、西武鉄道および西武線沿線にさらに愛着を持ってもらい、沿線に遊びに来ていただき、住みたいと思っていただくことを目的として制作しています。「誰もが自分らしく生きる街とそれを支える二面性」をコアコンセプトとし、西武線沿線を舞台に、1話ごとに異なる主人公たちが織り成すさまざまなストーリーを通じて、西武線沿線の魅力を発信していきます。第2話となる今回は、第1話に引き続き“練馬・石神井公園エリア”を舞台に「好きの一歩を踏み出そう」と題し、自分の気持ちを伝えることに臆病になっていた女性が友人との関わりや西武線沿線を散策する中で、閉じ込めていた気持ちと向き合い、“仕事も遊びも”自分らしく生きることの楽しさを知るというストーリーで、第1話に出演した保育士が主人公です。このストーリーは、「あれも、これも、かなう。西武鉄道」のブランドWebサイトおよび、公式YouTubeチャンネルなどで公開します。西武鉄道では、さらなる企業価値・沿線価値向上を目指して、西武鉄道の魅力である二面性をWebサイトやSNA、さまざまな活動を通して訴求し、皆さまの夢や想いをかなえる沿線をめざします。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180727SEIBUShortStories2.pdfをご覧ください。

★池袋の新たなランドマーク“線路の上を跨ぐビル”建物名称を「ダイヤゲート池袋」に決定!!
当社の連結子会社である西武鉄道株式会社が保有し、株式会社西武プロパティーズが開発を推進する「(仮称)西武鉄道池袋ビル(池袋旧本社ビル建替え計画)」の建物名称を「ダイヤゲート池袋」に決定いたしましたのでお知らせします。本計画では、西武鉄道最大のターミナル駅であり同社沿線の最重要エリアである池袋において、旧本社ビルを賃貸オフィスビルに建て替えることで、池袋エリアの発展に寄与するとともに、不動産事業の収益力向上および保有不動産のポートフォリオの組み替えを図り、不動産事業の一層の強化を目指してまいります。

★「あれも、これも、かなう。西武鉄道」のおでかけ情報誌「西武ニュース remo(レモ)」
西武鉄道株式会社では、8月1日(水)より「西武ニュース remo(レモ)」を毎月1日に発行します。これは、これまで毎月16日に発行していたフリーペーパー「西武ニュース cocotto(ココット)」をリニューアルしたものです。冊子名の「西武ニュース remo(レモ)」には、『おでかけ先にある「あ“れも”、こ“れも”」を西武ニュースならではの視点でお届けしたい』との思いを込めました。休日のおでかけや、仕事帰りにふらっと立ち寄れるスポットなど、西武線沿線がもつ魅力をさらに深掘りし、“読めば西武線でおでかけしたくなる冊子”そして、“情報や体験を誰かと共有したくなる冊子”を目指します。また、新規コーナー「オフの時間に挑戦してみたい」をスタート。創刊号の8月号では、西武線沿線で体験できる友禅スカーフ絵付け体験と熱気球係留体験搭乗会をご紹介。こころとからだの栄養になる、スペシャルなひとときを毎号ご提案していきます。同じく新規コーナー「今月号で見つけた」では、取材途中でみつけた、その土地ならではのおみやげにしたいスイーツや食べ歩きグルメなどを毎号ご紹介していきます。今回のリニューアルにより「ワクワクする」「おでかけしたい」と皆さまにより一層感じていただけるような誌面づくりを目指していきます。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/20180731seibunews_remo.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする