観光情報 トレインナビねっと > 鉄道

平成30年7月に発生しました、西日本各地の豪雨により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2018年03月20日
広告

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年3月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★「101系」塗色復活!ツートンカラー(イエロー× ベージュ色)で運転します
多摩湖線および多摩川線において、101系車両(一編成)を、デビュー当時の塗装色であるツートンカラー(イエロー×ベージュ色)に変更して運転します。これは、多摩川線開業100周年イベントの際のアンケートで、西武鉄道701系のデビュー当時の色であるレッド×ベージュ色の赤電色(通称=赤電)の復活の次に希望されるご意見が多かったことから、ご要望にお応えし、実施するものです。3月24日(土)から多摩湖線に、4月18日(水)から多摩川線で運転します。赤電、伊豆箱根鉄道コラボレーション色電車も引き続き運転します。ぜひ、多摩湖線、多摩川線にご乗車ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180319yellow_beige101.pdfをご覧ください。

★「西武鉄道×LAIMO」ラッピング電車第3弾を運行開始!
3月24日(土)から「西武鉄道×LAIMO」ラッピング電車第3弾として「西武鉄道×秩父・本川越 with LAIMO&爽爽猫」を運行開始します。これは、2017年10月27日(金)から実施している訪日外国人向け企画「西武鉄道×LAIMO&爽爽猫キャンペーン」のキャラクター「LAIMO」「爽爽猫」が当社線の観光地である秩父・本川越を紹介するものであり、運行を開始する6000系車両(10両編成)の車体に同キャンペーンのプロモーションを意識したデザインを施しております。デザインは第1弾、第2弾と同様に、LAIMOの作家Cherng氏と爽爽猫の作家Second氏が今回のラッピング電車のために新たに描きおろしたものになります。2017年3月18日(土)に運行開始した、台湾鉄路管理局との姉妹鉄道協定締結を記念した「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」をかわきりに、2月26日(月)に第2弾として「西武鉄道×LAIMO」ラッピング電車を運行開始しました。これは、多くのお客さまに日本と台湾を紹介するため、また、日本と台湾の相互送客の架け橋となるようなデザイン電車であり、多くのお客さまにお楽しみいただいております。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180319LAIMO%C3%97sosoneko_3.pdfをご覧ください。

★「らくして帰ろっと。キャンペーン」を実施いたします
3月24日(土)〜31日(土)の間、「らくして帰ろっと。キャンペーン」を実施いたします。このキャンペーンは、3月10日(土)より運行を開始した「拝島ライナー」を、より多くの方にご利用いただき、お仕事やお出かけからの『帰宅タイムをくつろぎタイム』にしていただけるよう、対象店舗の協力を得て実施するものです。キャンペーン期間中に運行する「拝島ライナー」の指定券(チケットレスサービス「Smooz」のネット購入券(以下、「ネット購入券」)を含む)をお持ちの方を対象に、対象店舗にて交通系電子マネーでお買い物をされるとお得な特典が受けられます。さらに、キャンペーン期間中に「拝島ライナー」の指定券をPASMO で購入されたSEIBUスマイルリンク会員の方には、プリンスポイントをプレゼントいたします。この機会にぜひ、座って帰れる「拝島ライナー」をご利用ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180320haijimarainacyanpen.pdfをご覧ください。

★芝桜の開花期間に合わせ、臨時特急電車・普通電車を増発!
秩父・羊山公園(芝桜の丘 西武秩父線横瀬駅または西武秩父駅から徒歩約20分)の芝桜観賞にお出かけのお客さまの利便を図るため、4月21日(土)〜5月6日(日)の期間、池袋〜西武秩父駅間に臨時特急電車を平日は上下2本ずつ、土休日は上下1本ずつ増発します。また、土休日は下り飯能行き特急電車2本を西武秩父行きとして延長、上り飯能始発特急電車2本を西武秩父始発として延長運転いたします。普通電車についても、4月21日(土)〜5月6日(日)に飯能〜西武秩父駅間および池袋〜西武秩父駅間を直通運転する電車を増発します。芝桜観賞にお出かけの際には、「S-TRAIN」とともに、ぜひご利用ください。なお、秩父・羊山公園 芝桜の丘へは「横瀬」駅からのアクセス、お帰りは「西武秩父」駅からのご利用が便利です。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180319shibazakurarinden.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年03月12日
広告

小湊鐵道 里山トロッコ列車運行/上総牛久駅〜養老渓谷駅・千葉県市原市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年3月17日(土)〜

内容/みどころ:
小湊鐵道 里山トロッコ列車運行

 里山の四季を肌で感じることができるトロッコ列車を運行します。客車を引く機関車は、小湊鐵道で実際に走っていたものを再現。動力は現代の環境に対応したクリーンディーゼルエンジンを搭載しています。客車は4両、うち2両は窓を取り去り、里山の風を肌で感じることができます。また、4両ともに天井はガラス張りです。トロッコ列車の運行区間は上総牛久駅から養老渓谷駅で、乗降可能駅は上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅です。乗車は定員制で、窓あり車両、窓なし車両ともに、乗車券の他に整理券(500円)を購入する必要があります。整理券は、お電話にて予約をお取り頂きます。※予約の取り方等の詳細は、ホームページをご確認ください。

運行区間:
上総牛久駅〜養老渓谷駅

停車駅:
上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅

会場:
上総牛久駅(市原市牛久897-2)〜養老渓谷駅
[ここに地図が表示されます]

料金:
乗車券に加えて、整理券(500円)が必要 ※乗車券は乗車区間により料金が異なります。上総牛久駅〜養老渓谷駅 片道760円、里見駅〜養老渓谷駅 片道410円

アクセス:
〔列車で〕小湊鐵道線上総牛久駅より
〔お車で〕圏央道市原鶴舞ICより約15分

お問合せ先:
小湊鐵道株式会社
(電話)0436-21-6771

情報提供:千葉県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年03月10日
広告

名車の雄姿を記録しよう ありがとうJR189系撮影会in河口湖駅/河口湖駅・山梨県富士河口湖町

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年3月10日(土)・16日(金)

内容/みどころ:
名車の雄姿を記録しよう ありがとうJR189系撮影会in河口湖駅

 河口湖駅にて、JR189系撮影会の撮影会を実施します。※詳細は、http://www.fujikyu-railway.jp/news/info.php?no=260をご覧ください。

会場:
河口湖駅(南都留郡富士河口湖町船津3641)
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕富士急行線河口湖駅ほか

お問合せ先:
富士急行線富士山駅
(電話)0555-22-7133

情報提供:富士急行株式会社様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年03月09日
広告

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年秋

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★駅構内の安全性向上・駅係員の負荷軽減を実現する警備ロボットを使った実証実験を実施 〜アースアイズ、日本ユニシスと東京都立産業技術研究センターの公募型共同研究開発事業に採択〜
西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市、社長 若林 久)は、公共施設や観光地などでの各種サービスを提供するロボットシステムをテーマとした地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)の2017年度ロボット産業活性化事業「公募型共同研究開発事業」において、アースアイズ株式会社、日本ユニシス株式会社と共同で『駅定点監視カメラの死角を警備ロボットが監視することで駅の安全性向上や駅係員の業務負荷軽減に寄与する』ことをテーマとした提案を行い、採択されました。これを受け、2018年に入り、警備ロボットの実用化を目指し都産技研との共同研究開発を開始し、今秋から西武鉄道の一部駅構内での実証実験を開始します。当社としては、『駅の安全性向上および駅係員の業務負荷軽減』に加え、本件のような最先端の ICT技術を保有する企業と協働することにより、さらなるお客さまの安全・安心の確保および利便性向上を図ることを目的として参画しました。今後も、最新の ICT 技術と協働することにより、『あれも、これも、かなう。西武鉄道』を目指します。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180307keibirobot.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
ラベル:埼玉県 所沢市
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年03月03日
広告

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年3月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★スマイルトレイン10th×ぐでたま5th記念キャンペーン 〜レールの上にも10年、白身の上にも5年〜
西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市、社長 若林 久)および株式会社サンリオ(本社 東京都品川区、社長 辻 信太郎)では、3月4日(日)から12月下旬までの約10ヵ月間、「スマイルトレイン10th×ぐでたま5th記念キャンペーン 〜レールの上にも10年、白身の上にも5年〜」を実施します。今年で運行開始から10周年を迎える西武鉄道30000系車両“スマイルトレイン”は、「生みたてのたまごのようなやさしく、やわらかなふくらみ」をイメージしたデザインの車両です。そして、今年5周年を迎えたサンリオの人気キャラクター「ぐでたま」は、Twitterのフォロワー数が100万人を突破した、ぐでぐでとやる気のないたまごのキャラクターです。この度、“スマイルトレイン”と「ぐでたま」がコラボし、たまごがモチーフつながりで2018年を盛り上げます。本キャンペーンのフラッグシップイベントとして、30000系“スマイルトレイン”を西武鉄道の車両の中でも人気の高い黄色でラッピングし、すべての車両に「ぐでたま」をデザインした「ぐでたまスマイルトレイン」を運行します。「ぐでたまスマイルトレイン」は3月4日(日)に玉川上水車両基地で開催する「拝島ライナーお披露目イベント」で公開し、イベントには「ぐでたま」も登場します。また、キャンペーン開始に合わせ「ぐでたまスマイルトレイン運行記念乗車券」を販売するほか、玉川上水駅に「フォトスポット」を設置、そして各種媒体にて「オリジナルアニメーション」も放映します。そのほかの企画については、順次、特設webサイトで情報を発信します。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180227gudetama.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年03月02日
広告

「特急かいじ号運行開始30周年 春の山梨キャンペーン」「身延線全通90周年記念キャンペーン」/JR身延線、中央線・山梨県甲府市ほか

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年3月〜

内容/みどころ:
「特急かいじ号運行開始30周年 春の山梨キャンペーン」「身延線全通90周年記念キャンペーン」

@特急かいじ号運行開始30周年 春の山梨キャンペーン
特急「かいじ」号は3月13日に運行30周年を迎えます。これに合わせ、八王子駅改札で3月1日(木)・2日(金)に観光PRイベントを、セレオ八王子では3月1日(木)〜5日(月)に産直市を開催します。是非お越しください。このキャンペーンの詳細は、http://www.jreast.co.jp/ hachioji/info/20180214/ 20180214_info1.pdfをご覧ください。
▼お問合せ先
公益社団法人やまなし観光推進機構
(電話)055-231-2722

A身延線全通90周年記念キャンペーン
山梨のローカル線、身延線が全線開通して90周年を迎えます!臨時特急の運行や、記念入場券の販売などが予定されています!このキャンペーンの詳細は、https://jr-central.co.jp/news/ release/_pdf/000036292.pdfをご覧ください。
▼お問合せ先
JR東海テレホンセンター
(電話)050-3772-3901

情報提供:山梨県東京事務所様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年02月28日
広告

「新潟市の玄関口JR新潟駅が大きく生まれ変わります!」「現美新幹線 作品を一部リニューアル!」/JR東日本新潟支社・新潟県中央区ほか

都道府県名:新潟県
開催日時・期間:
2018年3月〜

内容/みどころ:
「新潟市の玄関口JR新潟駅が大きく生まれ変わります!」「現美新幹線 作品を一部リニューアル!」

@新潟市の玄関口JR新潟駅が大きく生まれ変わります! 〜4月15日から在来線ホームが一部高架化、新潟の食文化発信拠点施設2018年春オープン!〜
新潟市の都市計画事業の一環として進めている「連続立体交差事業」。4月15日に、いよいよ高架駅第一期開業を迎えます。新幹線と在来線の乗り換えがスムーズになるなど、駅の利便性向上が期待されています。また新潟駅構内に、飲食や物販、カフェスペースを備えた新潟の食文化発信拠点施設を新設。施設の一角には実験キッチンを有する「Km-0 NIIGATA LAB」(キロメートルゼロ ニイガタ ラボ)が置かれ、料理人や生産者の活躍の場として食にまつわるイベントを実施予定です。※詳細は、http://www.jrniigata.co.jp/をご覧ください。

A現美新幹線 作品を一部リニューアル!
2018年4月に運行開始3年目を迎える「現美新幹線」は、3月31日(土)よりアート作品の一部をリニューアルします。作品が入れ替わるのは、13・14・16号車の3車両。合わせて13号車カフェに、新たに新潟ならではのオリジナルメニューも登場。移動しながら現代アートを鑑賞する、ユニークな時間をお過ごしください。※詳細は、http://www.jrniigata.co.jp/をご覧ください。
▼作品
AKI INOMATA氏による《やどかりに「やど」をわたしてみる》シリーズ(映像作品)
古武家賢太郎氏による新潟の里山と街道をテーマにした新作絵画
石川直樹氏による、パキスタンの世界2位の高峰・K2をテーマにした作品群(写真)
▼その他
新潟ならでは!現美新幹線オリジナルスイーツ。新潟名物笹団子をアレンジした「佐渡バターの笹団子風ケーキ」と、雪の下で越冬し甘味を蓄えた雪下人参を使った「雪下人参のキャロットケーキ」が新登場。

会場:
新潟駅(新潟市中央区花園1−1−1)
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕JR信越線・白新線・越後線新潟駅より
〔お車で〕日本海東北道新潟亀田ICより

お問合せ先:
JR東日本お問い合わせセンター
(電話)050-2016-1600
(ホームページ)http://www.jrniigata.co.jp/

情報提供:公益財団法人 新潟県観光協会様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年02月25日
広告

富士急行線ダイヤ改正/富士山駅ほか・山梨県富士吉田市ほか

都道府県名:山梨県
開催日時・期間: 
2018年1月〜

内容/みどころ:
富士急行線ダイヤ改正 〜大月駅での乗り換え時間にゆとりをもたせ、富士急行線がより便利になります〜

 富士急行株式会社(本社 山梨県富士吉田市、社長 堀内光一郎)では、お客さまがもっと便利に富士急行線ご利用いただけるよう、JR中央線との乗り換え時間を見直し、ゆとりのある乗り換え時間を確保するためのダイヤ改正を平成30年3月17日(土)に実施します。改正の内容について、詳しくは下記をご覧ください。

ダイヤ改正日:
平成30年3月17日(土)

改正概要:
▼大月駅でのJR中央線との乗り換えがより便利になります
大月駅におけるJR中央線との乗り換え時間にゆとりを設け、おおむね5分以上の乗り換え時間を確保いたします。大きい荷物やスーツケースを持ったお客さまにも、あせらずに余裕のある乗り換えをしていただけます。
▼朝の通勤通学時間帯をよりご利用いただきやすいダイヤにします
始発から9時までの時間帯のダイヤを抜本的に見直し普通列車上下各1本を増発することで、JR中央線との接続時間に余裕をもたせると共に、沿線の通勤通学により適したダイヤを設定いたします。
▼JR直通快速列車「ホリデー快速富士山」の大月→河口湖間の所要時間を短縮します
JR直通快速列車「ホリデー快速富士山」の下り列車について大月→河口湖間の所要時間を2分短縮いたします。都心から富士山エリアへのアクセスがより便利になります。
▼特急「成田エクスプレス」の時刻を変更します
JR直通特急列車「成田エクスプレス」の上り列車について、河口湖駅発車時刻を14:19から14:20に変更いたします。区切りの良い時刻での発車となり、時刻を覚えやすくよりご利用いただきやすい列車となります。富士山エリアから都心へのアクセスがより便利になります。
▼観光列車「富士登山電車」の運行本数を増やします
観光列車「富士登山電車」を見直し、大月〜河口湖間を現在の平日1往復、土休日1.5往復から、平日1.5往復、土休日2往復といたします。観光利用のお客さまに富士山の風景をお楽しみいただける快適な移動空間を提供いたします。

※ご注意
この資料の列車時刻は平成30年2月16日現在計画中の時刻を掲載しています。
この他にも列車の時刻に変更があります。
最終的な列車時刻は、富士急行線各駅などで3月上旬頃より配布する時刻表または、富士急行線ホームページhttp://www.fujikyu-railway.jp/をご確認ください。

会場:
富士山駅(富士吉田市上吉田2-5-1)ほか
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕富士急行線富士山駅より

お問合せ先:
富士急行線富士山駅
(電話)0555-22-7133

情報提供:富士急行株式会社様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
2018年02月24日
広告

SLもおか運行情報/真岡鐵道・栃木県真岡市ほか

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年3月〜

内容/みどころ:
SLもおか運行情報

 皆様のご乗車をお待ちしてります。

★SL運行日
▼3月
3日(土)・4日(日)・17日(土)・18日(日)・21日(水)・24日(土)・25日(日)・31日(土)※10日(土)・11日(日)は検査のため運休
▼4月
1日(日)・7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)・28日(土)〜30日(月)
▼5月
3日(木)〜6日(日)・13日(日)・19(土)・20日(日)・26(土)・27日(日)

会場:
真岡鐵道下館駅(茨城県筑西市乙84-10)ほか

運行区間/時刻:
下館〜茂木(1往復)下館10:35発→茂木12:06着 茂木14:26発→下館15:56着

SL整理券:
乗車券のほかにSL整理券が必要です。500円(中学生以上)、250円(小学生)

SL整理券発売所:
JR東日本みどりの窓口、びゅうプラザ及び真岡鐵道にてお求め下さい。

アクセス:
〔列車で〕JR水戸線・関東鉄道下館駅より

お問合せ先:
▼SL運行に関することは
真岡鐵道株式会社
(電話)0285-84-2911
(ホームページ)http://www.moka-railway.co.jp/
▼イベントに関することは
真岡線SL運行協議会
(電話)0285-82-9151

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする
広告

西武鉄道からのお知らせ/西武鉄道・埼玉県所沢市

都道府県名:埼玉県
開催日時:
2018年3月〜

内容/みどころ:
西武鉄道からのお知らせ

★秩父・三峯神社で絶景の雲海“撮影”を目指す!「特急レッドアロー号で行く 秩父ドローンツアー」募集開始!〜ドローンパイロットの空撮スキル向上と観光PRを両立する新たなビジネスモデルの構築を目指して〜
西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市、社長 若林 久)と西武トラベル株式会社(本社 東京都港区、社
長 藤井忠光)、株式会社Dron é motion(本社 東京都新宿区、代表取締役 田口 厚)は、秩父・三峯神社
で絶景の雲海“撮影”を目指す!「特急レッドアロー号で行く 秩父ドローンツアー」を3月16日(金)〜17日(土)に開催します。ドローンパイロットの空撮スキル向上と観光PRを両立する新たなビジネスモデルの構築を目指して、日本で初めて※鉄道会社として「ドローン撮影ツアー」に取り組みます。(※株式会社
Dron é motion 調べ/2018年2月19日現在)2015年8月からの合計12日間で累計3,915名のお客さまにご参加いただいている“秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「夜行列車で行く 秩父絶景ツアー」”初のスピンオフ企画として、限定20名を募集します。カメラの代わりにドローンを持って絶景を旅する「ドローン撮影ツアー」第1弾として、ドローン操縦ライセンス所有者、または空撮を楽しむ方を対象にドローン空撮技術習得と普段撮影することができない貴重な被写体の撮影体験を目的とした夜発1泊2日のツアーです。ツアーでは、西武鉄道池袋線 特急レッドアロー号7号車の車内を貸し切り、車内でカメラ設定等のミニ空
撮講座(座学)や参加者の懇親会を行い、ドローン撮影についての意見交換をしながら秩父へ移動します。西武秩父駅到着後は、貸切バスで三峯神社へ移動し、三峯神社興雲閣に宿泊します。翌朝からは三峯神社境内やその周辺で、Dron é motion 講師からドローン空撮技術をレクチャーします。日の出とともに現れる雲海のドローン撮影を目指すほか、本ツアー限定で特別に境内の飛行許可をいただき、三峯神社境内の限定エリアでもドローンによる撮影が可能です。参加者4〜7名に対して講師1名の割合で同行し、魅力的に見える空撮のポイ
ントを学んでいただきながらドローン空撮をお楽しみいただけます。ご参加にあたり各種条件がありますので、事前にご確認ください。※通常、三峯神社境内で「ドローンの飛行」は禁止されています。(※本ツアーは雲海撮影などを確約するものではありません。気象条件などにより撮影いただけない場合があります。)※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180219_unkaidoron.pdfをご覧ください。

★4月13日(金)・27日(金)深夜発 秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「夜行列車で行く 秩父絶景ツアー」の募集開始 お客さまのご都合に合わせて・・・池袋、渋谷、元町・中華街など7駅から出発地を選択可能!
西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市、社長 若林 久)、西武トラベル株式会社(本社 東京都港区、社長 藤井忠光)、株式会社ビクセン(本社 埼玉県所沢市、社長 新妻和重、総合光学機器メーカー)は、秩父・三峯神社で絶景の雲海&星空鑑賞を目指す!「夜行列車で行く 秩父絶景ツアー」の募集を開始します。本ツアーは、2015年8月からの合計12日間で累計3,915名のお客さまにご参加いただいており、お客さまか
らのご要望にお応えして再実施します。もうすぐ春の“行楽シーズン”を迎える秩父で、絶景の「スターパーティ(星空観賞会)」「雲海」「芝桜」を満喫してみませんか。三峯神社を訪れた後の解散場所は、西武秩父駅と羊山公園(4月27日発のみ)、長瀞駅から当日選択可能です。また催行日によって、いちご狩りや秩父鉄道のSLに乗り秩父グルメのホルモンを味わうコースなどもお選びいただけます。4月13日(金)は「特急レッドアロー号」使用して池袋発、4月27日(金)は有料座席指定列車「S-TRAIN」に使用している車両である「40000系」を使用して元町・中華街発の夜行列車を運行します。お客さまのご都合に合わせて7駅から出発地を選択できます。4月13日(金)は池袋、所沢の2駅、4月27日(金)練馬、ひばりヶ丘、渋谷、元住吉、元町・中華街の5駅です。毎回多くのお客さまからお申し込みをいただいており、受付開始から程なくして満席となる人気ツアーです。一部コースでは受付開始から約1週間で満席となることもありますので、お早めのご予約をおすすめします。詳細は、別紙のとおりです。(※星空や雲海、満開の芝桜などの絶景を確約するものではありません。気象条件などによりお楽しみいただけない場合もありますので、ご了承ください。)※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180219_201804unkaitour.pdfご覧ください。

★S-TRAINで「ファミリー専用車両」を実施します!
東京地下鉄株式会社(本社 東京都台東区 社長 山村明義)と西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市 社長 若林 久)は、3月28日(水)・29日(木)に東京国際フォーラムにて開催されるファミリー向けイベント「かぞくみらいフェス2018」に合わせて、有料座席指定列車「S-TRAIN(Sトレイン)」の一部車両を「ファミリー専用車両」として運行いたします。これは、S-TRAINが「指定席でゆったり座れる」ことに加え、「おむつ交換シート」や「トイレ」「空気清浄機」「パートナーゾ−ン」などを備えており、小さなお子さま連れの方にも安心してご利用いただけることから、S-TRAINの利便性を体感していただく目的で、1日1本、2日間限定で実施するものです。ファミリー専用車両のご乗車に必要な整理券は、同日に開催される「かぞくみらいフェス2018」の東京メトロブースにて配付いたします。なお、在来線・通勤型車両で、お子さま連れ限定の「ファミリー専用車両」を実施するのは国内初※の試みとなります。※東京メトロ及び西武鉄道調べ。
これを機に、お子さまとのお出かけにも便利な「S-TRAIN」を体験していただき、ゆったり座れる指定席と安心の設備で、快適なお出かけをお楽しみください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180220_S-TRAIN_family.pdfご覧ください。

★「西武鉄道×LAIMO」ラッピング電車第2弾を運行開始!装いを新たにLAIMOが日本と台湾の観光地を紹介します!!
西武鉄道株式会社(所在地 埼玉県所沢市、社長 若林 久)では、2017年3月18日(土)から約1年に
わたり、台湾鉄路管理局との姉妹鉄道協定締結を記念した「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」
を運行しておりますが、2018年2月26日(月)からデザインをリニューアルし、「西武鉄道×LAIMO」ラッピング電車第2弾として運行を開始します。これは、2017年10月27日(金)から実施している訪日外国人向け企画「西武鉄道×LAIMO&爽爽猫キャンペーン」のキャラクター「LAIMO」が日本と台湾の観光地を紹介する既存のラッピング電車をリニューアルするものであり、同キャンペーンのプロモーションとしてだけで
なく、日本と台湾の相互送客を意識したデザインとなっております。リニューアル運行を開始する2000系車両(8両編成)の車体には、更に多くのお客さまに「鉄道の旅」を楽しんでいただきたい、また、日本と台湾間の更なる相互送客に繋げたいという想いを込めて、当社線沿線と台湾の観光地をイメージしたデザインを描いております。デザインは第1弾の「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」と同様に、作家Cherng氏が今回のラッピング電車のために新たに描きおろしたものになります。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20180222_SEIBUxLAIMO_2.pdfをご覧ください。

★「西武線沿線うどんラリー2018」
西武鉄道株式会社(本社 埼玉県所沢市、社長 若林 久)では、3月1日(木)〜4月22日(日)までの期間、「西武線沿線うどんラリー2018」を開催します。この「西武線沿線うどんラリー2018」は、昨年大好評を得た「西武沿線うどんラリー2017」の第2弾として開催するものです。今回は、雑誌・Web・テレビ・ラジオ出演など年間400杯のうどんを食べ歩く女性フードライター「井上こん」氏が前回参加店舗8店舗と新規参加店舗9店舗を合わせた人気うどん店舗、17店舗を選定。多くのお客さまに美味しいうどんを食べていただきたいという願いを込めて、いろんな種類のうどん店(17店舗)に協力いただき、西武線沿線の食文化のPRと、地域活性化を目的に開催します。「西武線沿線うどんラリー2018」は西武線各駅(小竹向原駅を除く)他で配布する「パンフレット」に、対象店舗でうどん(税込500円以上)を食べてスタンプをもらい、異なる対象店舗のスタンプを「6つ」集めると、参加店舗一部最寄り駅(6駅)で「オリジナルお箸」と「Wチャンス応募はがき」をプレゼントします。さらに「Wチャンス」にご応募いただくと、抽選で40名さまに「オリジナルどんぶり」をプレゼントします。是非この機会に、西武線沿線で人気のうどん店の自慢の一品をご賞味ください。※詳細は、https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/180222udonrarii2018.pdfをご覧ください。

お問合せ先:
西武鉄道お客さまセンター 平日9:00〜19:00、土・休日9:00〜17:00(12月30日〜1月3日を除く)
(電話)04-2996-2888
(ホームページ)http://www.seibu-group.co.jp/railways/

情報提供:西武鉄道(株)様
広告
posted by ナビ人 at 00:00 | 鉄道 | 更新情報をチェックする