高速バス安心推進コンソーシアムでお客様アンケートを実施/WILLER株式会社・大阪府大阪市

PR
都道府県名:大阪府
開催日時・期間:
2022年11月~

内容/みどころ:
高速バス安心推進コンソーシアムでお客様アンケートを実施 利用者のバス旅行意欲が大きく上昇!バス旅行の意識に変化

 全国の高速バス事業者64社が参画する高速バス安心推進コンソーシアムは、お客様に安心して利用いただけるサービスを検討することを目的に、コロナ禍におけるお客様の意識や行動変化を調査するアンケートを2022年10月12日(水)~23日(日)に実施しました。今回の調査は3回目(1回目 2020年11月、2回目 2021年8月)となり、過去2年間に旅行予約サービス「楽天トラベル」で高速バスの予約をしたことがある方を対象に実施し、全国の老若男女670名から集まった回答を基に検証しています。※詳細は、https://www.willer.co.jp/news/press/2022/1118_4918をご覧ください。

調査結果のトピックス:
▼利用者の75%が高速バスを「とても利用したい」「利用したい」と回答。前回より26ポイントアップ。
▼旅行の時期は「いますぐにでも」「今秋・冬」が66%と、直近での利用意欲が高まっている。
▼バス移動の目的は、テーマパークや観光・温泉などの秋冬の行楽シーズンを楽しむニーズが回復し、帰省のニーズも回復傾向。
▼高速バス利用の魅力は、費用や時間を有効活用できるところ。「価格が安いから」89%、「時間が有効活用できるから」53%、「出発・到着時間の都合が良いから」43%。
▼バス会社の感染症対策で重視するものは、これまでに続き、車内の「清掃・消毒」「ソーシャルディスタンス」。
▼「高速バス安心推進コンソーシアム」の取り組みについては、91%が好意的。

お問合せ先:
WILLER株式会社
(ホームページ)http://travel.willer.co.jp/

情報提供:WILLER株式会社様