京急電鉄からのお知らせ/京浜急行電鉄株式会社・神奈川県横浜市

都道府県名:神奈川県
開催日時・期間: 
2022年1月~

内容/みどころ:
京急電鉄からのお知らせ

★三浦半島共通のアクティビティ予約・決済機能サービス開始
京浜急行電鉄株式会社が事務局を務める観光型MaaS「三浦COCOON(コクーン)」は、地域共通の予約・決済・デジタルチケット機能を2022年1月18日(火)にサービス開始します。これにより観光型MaaS「三浦COCOON」は、「MaaSレベル2(予約/決済の統合)」を常設で実現します。これは、エリアマネジメント組織「COCOONファミリー」(全113団体、1月18日時点)が使用可能な機能で、第1弾として「みうらレンタサイクル」を運営するみうらレンタサイクルに2022年1月18日(火)に導入するとともに、本年3月までに「猿島BBQ」を運営する株式会社トライアングルや、横須賀市でe-Bikeレンタルを運営する株式会社サンオータス、農業体験ツアーなどを運営する株式会社シテコベなどが順次導入することで、MaaSによる三浦半島地域の観光、モビリティの一元化につながります。このほか京急電鉄の「貸切イベント列車」でも今後導入予定です。これにより、三浦半島を訪れるユーザーはそれぞれのWEBページで予約・決済を行う必要があった各アクティビティを「三浦COCOON」内でシームレスに予約・決済が可能となります。また、各事業者は、アクティビティの予約・決済を一括管理でき、業務効率化が可能となります。三浦半島内の事業者では、WEB予約の一元管理やWEB決済機能の未導入で人的負担が増大する等、運営の効率化が課題となっています。今回本機能を導入することで、DXによる商機拡大と生産性向上を図ります。観光型MaaS「三浦COCOON」は本機能を、「COCOONファミリー」が提供する三浦半島内のアクティビティやモビリティに順次導入することで、シームレスな観光や移動を実現します。また、利用データの分析に基づくサービス改善に地域全体で取り組むほか、おトクなきっぷのデジタル化など、三浦半島全域での「観光DXの推進」を目指します。※詳細は、https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220118HP_21135AK.htmlをご覧ください。

★京急電鉄のコワーキングスペース「RoomUs 金沢文庫」を開業!
京浜急行電鉄株式会社は、多様な働き方に対応するコワーキングスペース「RoomUs 金沢文庫」を、2022年2月1日(火)、京急本線金沢文庫駅前(徒歩1分)に開業いたします。京急電鉄は、金沢区エリアにおいて、横浜市と2018年に「京急沿線(横浜市南部地域)における公民連携のまちづくり推進に関する連携協定」を締結し、富岡・能見台地区を中心に、新たな輸送サービスの実証実験や、今後のまちづくりに関するコンセプトブックを取りまとめたほか、子育てがしやすい魅力あふれるまちづくりの一環として、京急富岡駅構内に可動型完全個室のベビーケアルーム「mamaro®」を設置するなど、沿線地域の魅力向上に向けたまちづくりに取り組んでおります。この度、近年のライフスタイルの多様化に合わせ、リモートワーク、起業・副業、勉強など様々な目的にご利用いただける、会員制コワーキングスペースを金沢文庫エリアに開業いたします。本シェアオフィスは、京急本線金沢文庫駅徒歩1分の場所に位置し利便性に優れているほか、 個別デスクやWEB会議専用ブースを設けるなど、快適にご利用いただける座席を多数用意しております。また、長時間でもストレスなくご利用できるよう、フリードリンクをご用意したカフェスペースも充実しております。さらに、フリーランスの方や、地域活動での利用も想定し、登記にも対応しております。京急電鉄では、今後もコワーキング事業において、沿線を中心に交通利便性の高い駅周辺や、京急グループの所有する不動産の活用など、さまざまなかたちで今後の展開を検討してまいります。※詳細は、https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220122HP_21122TS.htmlをご覧ください。

★京急線で行く!みうらレンタサイクル予約キャンペーン
京急電鉄、三浦市など官民7者で運営するみうらレンタサイクル運営協議会は、スターツ出版株式会社が運営する会員370万人の女性向けWEBサイト「OZmall(オズモール)」および京急電鉄が提供する三浦半島の観光型MaaS「三浦COCOON」と連携し、「京急線で行く!みうらレンタサイクル予約キャンペーン」を、2022年1月18日(火)~2月21日(月)の期間実施します。これは、観光型MaaS「三浦COCOON」において予約サービスが2022年1月18日(火)から導入されることに合わせて行われ、予約サービスの利用促進と三浦半島における観光の足を担う二次交通である「みうらレンタサイクル」の冬季の利用を促すために実施するものです。キャンペーン期間中に、「三浦COCOON」のWEBサイトからみうらレンタサイクルを予約し、京急線でお越しの上ご利用の先着300名さま(各ポート100名)に、OZmallとのコラボで制作したオリジナルステンレスボトルをプレゼントいたします。また、本キャンペーンに合わせOZmall上では、「いちご狩りや新鮮マグロ、絶景温泉も!レンタサイクルで巡る、三浦半島エリアの日帰り周遊コースガイド」と題し、三浦半島をサイクリングでおトクに楽しく、充実した旅ができる巡り方をテーマ別に3コース紹介しています。みうらレンタサイクル運営協議会は、観光型MaaS「三浦COCOON」を活用し、今後も三浦市の観光活性化に貢献してまいります。※詳細は、https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220118HP_21134AK.htmlをご覧ください。

★三浦市内でAIオンデマンド相乗りシャトル実証実験開始
株式会社NearMe、京急中央交通株式会社、京浜急行電鉄株式会社は、共同で神奈川県三浦市でAIオンデマンド相乗りシャトル「三浦三崎シャトル」を2022年1月20日(木)~2月19日(土)の期間、運行いたします。この「三浦三崎シャトル」は、WEBサイトから、出発地、目的地、人数、ご利用希望日時を入力すると配車可否がメールで届き、三浦・三崎地区を周遊しているニアミーが運営するオンデマンド相乗り配車サービス「スマートシャトル™」にご乗車いただける実証実験です。三浦市内で乗り降り自由、料金は無料で、観光で三浦を訪れた方も、三浦にお住まいの方もご利用いただけます。三浦市内は、特定エリアへの観光客の集中や、マイカー利用が多いことなどから、道路の混雑が課題となっています。今回の実証実験では、通常の公共交通機関ではアクセスしづらい魅力的なスポットへのアクセスが可能となり、観光客の回遊性の向上、分散化を図ります。また、京急電鉄が提供する観光型MaaS「三浦COCOON(コクーン)」を活用することで、おトクなきっぷや三浦市内のアクティビティとスマートな移動を組み合わせた「すごしかた」も可能となります。なお、この取り組みは、観光庁「令和2年度第3次補正予算 既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業【事業者連携型】」に採択された取り組みの一環として行われます。※詳細は、https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220119HP_21141AK.htmlをご覧ください。

★隔週土曜日限定!地元企業で盛り上げる『油壺マーケット』を開催
京急グループの三崎観光株式会社は、三浦半島および油壺エリアの地域活性化を図るため、地元企業と提携して2022年1月29日(土)より隔週土曜日限定で、「油壺マーケット」を開催いたします。油壺マーケットは、三崎港から仕入れる新鮮な魚介類および、地元農家・畜産農家が育てる野菜や鶏卵、地域の飲食店が販売する手作りのお弁当やパン、ハンバーガーなど、様々な商品が出店する地域密着型の朝市です。開催場所は、2022年1月24日(月)に油壺エリアの新スポットとしてオープンする「京急油壺温泉キャンプパーク」の駐車場にて行います。開催時間は、9:00から12:00までのため、早朝からの外出は不要で、隣接するホテル京急油壺観潮荘の宿泊者や京急油壺温泉キャンプパーク利用者および電車・バスご利用の方でもお手軽にお越しいただけます。油壺エリアは、2021年9月30日に長年親しまれた京急油壺マリンパークが閉館しましたが、新たに「京急油壺温泉キャンプパーク」や「キッチンカーDEパスタ」がオープンし、自然豊かな油壺ならではの環境を存分に活かして、地元企業と協力しあって地域活性化を目指しております。三崎観光では、今後も京急グループが掲げる「都市近郊リゾートみうらの創生」の実現に向け、更なる三浦半島の魅力を知っていただけるようなサービスを提供してまいります。※詳細は、https://www.keikyu.co.jp/company/news/2021/20220121HP_21143TE.htmlをご覧ください。

お問合せ先:
京急ご案内センター 平日9:00~19:00 土日祝日9:00~17:00
(電話)03-5789-8686
(電話)045-441-0999
(ホームページ)http://www.keikyu.co.jp/index.html

情報提供:京浜急行電鉄株式会社様