春季例大祭/足利織姫神社・栃木県足利市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2021年5月5日(水・祝)

内容/みどころ:
春季例大祭

 足利の産業の守護神とされ、平成16年6月に社殿が国の登録有形文化財に指定されました。 足利織姫神社は機織を司る「天八千々姫命」と「天御鉾命」の二神を勧請しお祀りしています。 仮社殿から富士山を望む織姫山の山腹南面へ社殿を建立することになり、昭和9年に織姫神社奉 賛会が設立されました。そして、多くの企業・市民の多大な寄進により、昭和12年5月に現在の朱塗りの社殿が完成しました。足利織姫神社奉賛会と改名され、多くの参拝客をお迎えしています。 境内裏手の公園には桜、藤やつつじが植えられており、春は色鮮やかです。(通常桜は3月下旬 から4月上旬、藤・つつじは4月下旬から5月上旬が見頃です。)また、足利市を一望できるスポットでもあります。 お祭り当日は御神楽をはじめ合唱や和太鼓・筝曲などの奉納演奏があり毎年賑わいます。 お抹茶や和菓子などの販売もあります。

会場:
足利織姫神社(足利市西宮町3889)

アクセス:
〔列車で〕JR両毛線足利駅・東武伊勢崎線足利市駅よりタクシーで約10分
〔お車で〕北関東道足利ICより

お問合せ先:
足利織姫神社奉賛会事務局(足利織物会館内)
(電話)0284-22-0313

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様