特別展 日本文化の華 大相撲展/千葉県立美術館・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2021年1月16日(土)~3月21日(日)

内容/みどころ:
特別展 日本文化の華 大相撲展

 大相撲の世界は、二人の力士が土俵で立ち会う瞬間を頂点として、取組を裁く行司とそのきらびやかな装束、化粧まわしや懸賞幕、独特の書体で書きあげる番付表など、日本人の美意識が結集した日本文化の華です。相撲は、土俵の外に出るか、足の裏以外の体の一部が土俵についたら負けというルールのもと、日本人の心を魅了し続けています。この展覧会では、大相撲をとりまく品々の展示をもとに、菱川師宣の肉筆画、実寸大の土俵の再現、イラストによる決まり手解説、横綱の訪問着等を併せて展示します。大相撲の魅力を観て、知って、感じることのできる展覧会です。菱川師宣の肉筆画「相撲の図」は、土俵が描かれた最古の絵画として知られるほか、享保17(1732)年に作られた番付表、明治から昭和にかけて活躍した彫刻家・石井鶴三の作品なども展示する、見所一杯の展覧会です。

会場:
千葉県立美術館(千葉市中央区中央港1-10-1)

休館日:
月曜日(祝休日の場合は翌日)、臨時休館日、年末年始

開館時間:
9:00~16:30

入館料:
大人300円、高大生150円、中学生以下・65歳以上無料、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳保持者の方および介護者、補助犬をお連れの方は無料です。※第7展示室は無料

アクセス:
〔列車で〕JR京葉線・千葉都市モノレール千葉みなと駅より徒歩10分

お問合せ先:
千葉県立美術館
(電話)043-242-8311 
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/ART/

情報提供:(公社)千葉県観光物産協会様