企画展 1960竣工 高度経済成長期を支えた貨物船/日本郵船歴史博物館・神奈川県横浜市

都道府県名:神奈川県
開催日時・期間:
2020年10月17日(土)~2021年1月17日(日)

内容/みどころ
企画展 1960竣工 高度経済成長期を支えた貨物船

 日本郵船は2020年に創業135周年を迎えます。創業当初から変わらずに活躍し続けている船といえば貨物船です。華やかな客船の陰に隠れがちですが、私たちの暮らしを支える、なくてはならない存在です。本展では、2020年に竣工から60年を迎える当社の貨物船を紹介します。1960年は、従来の貨物船だけでなく各種専用船が登場し始め、氷川丸引退による客船事業からの撤退という、まさに過渡期といえる頃でした。この年に竣工した船の航跡を辿ると、この時代ならではの船の役割や特徴が見えてきます。高度経済成長期に生まれ、地道に暮らしを支えた船たちについて振り返ります。※詳細は、https://museum.nyk.com/exhibition.htmlをご覧ください。

会場:
日本郵船歴史博物館(横浜市中区海岸通3-9 横浜郵船ビル)

入館料:
一般400円、中学生・高校生・シニア(65歳以上)250円、小学生無料

開館時間:
10:00~17:00(最終入館16:30)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、臨時休館日

アクセス:
〔列車で〕JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン関内駅より徒歩8分、JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅より徒歩10分、横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅6番出口より徒歩2分
〔お車で〕首都高横羽線横浜公園ランプより
〔駐車場〕なし

お問合せ先:
日本郵船歴史博物館
(電話)045-211-1923
(ホームページ)https://www.nyk.com/rekishi/

情報提供:神奈川県観光協会様