提灯もみ祭り/野木神社・栃木県野木町

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2020年12月3日(木)神楽奉納祭17:00~、神楽開始18:00~、提灯もみ開始19:00~

内容/みどころ:
提灯もみ祭り

 野木神社は旧郷社の格式をもつ神社であり、古くから旧寒川郡の七郷(迫間田、寒川、中里、鏡、小袋・井岡、網戸、下河原田)を神領としていました。「提灯もみ祭り」は建仁年間(1201~1204)から続く伝統行事で、7つの氏子地域を野木神社の御神霊が巡行する「七郷巡り」が由来です。以前は旧暦10月末の子の日または丑の日に出社し、七郷を巡って11月初めの丑の日または子の日に帰社していました。出社の日を御出(おいで)、帰社の日を御帰(おかえ)りと当地方では呼んでいます。その間、美しく飾り立てた五頭の馬に御神霊の宿る鉾を持った神官が分乗し、多くのお供を連れ行列を組んで華やかに巡りました。また、この行列に各郷から選ばれた裸の若者が精進潔斎し、高張り提灯をかざして加わりました。村境にさしかかると、御神霊を少しでも早く自分の村に招こうとする若者の間で激しくもみあいました。そのため、別名裸もみとも呼ばれ、これが現在の「提灯もみ祭り」の起こりであるといわれています。それがしだいに長い竹に提灯をつけぶつけあうようになり、また七郷巡りを終えて神社に戻ってくる、いわゆる御帰りの際行われるようになりました。現在では12月3日の晩、各町内の氏子たちが神社に集まり、参道に沿って町内ごとに当地方特産のよしずで小屋を建て、その中で甘酒や煮しめなどを食べたり、参道では竹ざおの先に提灯をつけ、これに火をともして互いにぶつけあい消しあったりする祭りとなっています。境内の神楽殿では、太々神楽のひとつ「五行の舞」や夜神楽が奉納されます。

会場:
野木神社(野木町野木2404)

アクセス:
〔列車で〕JR東北線野木駅西口よりタクシーで約7分
〔お車で〕東北道佐野藤岡ICより約50分

お問合せ先:
野木神社社務所
(電話)0280-55-0208

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様