「太地浦勇魚祭」「盆供養花火大会」「柱松」「鯨踊り」/太地漁港・和歌山県太地町

都道府県名:和歌山県
開催日時・期間:
2019年8月14日(水)~15日(木)

内容/みどころ:
「太地浦勇魚祭」「盆供養花火大会」「柱松」「鯨踊り」

★太地浦勇魚祭
「網掛け突き捕り捕鯨法」の再現。鯨を発見し、勢子舟で網に追い込み、それを射止めるまでの壮絶な鯨捕りの様子を太地勇魚会の若者が演じます。
14日(水)17:30~ ※花火20:00~21:00予定

★柱松
14日は「迎え火」、15日は「送り火」として、仏様を迷うことなく迎え、送るという意味を持っており、火のついた松明を約15mに設置している直径80cmのわらかごに目がけて投げ入れます。
14日(水)・15日(木)20:50~

★鯨踊り
鯨太鼓は巨鯨の勢子舟(羽刺)との戦いを太鼓で表現したもので、昭和45年の万博出場に際し作られました。綾踊りは古式捕鯨の盛んであった江戸時代、鯨を捕獲するとそれを祝い、港の中を漕ぎ回る持双船(2隻の舟に板を渡したもの)の上で勇壮に踊った独特の座踊りで、綾棒をモリに見立て鯨を突き捕る様を踊りにしたもの。裸踊りは上半身諸肌脱ぎになり、網を引く様子を表現した踊りで、県無形文化財に指定されており、また日本遺産にも認定されています。
14日(水)20:50頃~(柱松終了後)

会場:
太地漁港(東牟婁郡太地町大字太地3646)

アクセス:
〔列車で〕JR紀勢線太地駅よりバスで太地港下車
〔お車で〕阪和道南紀田辺ICより国道42号線へ

お問合せ先:
太地町産業建設課
(電話)0735-59-2335

情報提供:わかやま紀州館様