日吉神社の猿舞/日吉神社・静岡県島田市

都道府県名:静岡県
開催日時・期間:
2019年4月13日(土)祭典13:00頃~、猿舞14:00頃~

内容/みどころ:
日吉神社の猿舞

東光寺日吉神社の猿舞画像・島田市.JPG 「猿舞」(静岡県指定無形民俗文化財)は、島田市東光寺の伽藍神(地主神)である日吉神社の祭典の際行われます。猿舞は、雄と雌の猿の仮面をつけた二人の地元のこどもが、楽人(音楽を奏でる人)の笛と太鼓に合わせて舞う全国的にも珍しい民俗芸能です。本殿前の特設舞台で、笛手、鼓手ら7人の楽人の前で、こどもが狩衣、袴、足袋といういでたちに冠と猿の面をつけ、ときに厳かに、ときにユーモラスに舞が舞われます。永禄年間の戦火や山火事などで記録が焼失しているため、猿舞の起源は定かではありませんが、地域に「ブタイ」(舞台)という地名が残され、東光寺が、平安時代初期の創建であることなどから、日本的舞楽の流れをくむものと考えられています。猿の面をつけて舞うのは、日吉神社の神の使いとされる猿を芸能化したものと言い伝えられています。※猿舞は神事の後、東光寺本堂の舞台に移動し披露します。時間は14:00頃~となっておりますが、雨天の場合などは神事の後、場所を移動せずにすぐに始まるため、14:00より早まることがあります。

会場:
日吉神社(島田市東光寺557)

アクセス:
〔列車で〕JR東海道線島田駅よりタクシーで15分、六合駅よりタクシーで10分

お問合せ先:
島田市観光協会
(電話)0547-46-2844
(ホームページ)http://www.shimada-ta.jp

情報提供:静岡県観光協会様

最近の記事