お知らせ
平成30年9月6日に発生しました、北海道胆振地方を震源とする地震により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2018年09月25日
広告

茶室無料公開/物外軒(ぶつがいけん)・栃木県足利市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年10月6日(土)〜11月25日(日)の土・日・祝 9:00〜16:00

内容/みどころ:
茶室無料公開

 この茶室は、もともと猿田の萬屋三代目 長 四郎三氏によって、明治初期に渡良瀬川河畔の萬屋邸内に建てられました。この長 四郎三という人は、江戸にも聞こえるほどの豪商であったばかりではなく、漢詩、和歌、俳句、書画骨董の収集にも通じる教養人であったと伝えられています。茶室は表(おもて)千家(せんけ)不白流(ふはくりゅう)の流れを汲むもので、木造平屋の切妻造(きりづまづくり)、三畳(さんじょう)台目(だいめ)の茶室と三畳の次の間、勝手、水屋からなり、建築に当たっては日本を代表する古筆鑑定家 古筆(こひつ)了(りょう)仲(ちゅう)の指導を受け、慎重を期したと言われています。紅葉に囲まれ、池に注ぐ水音が聞こえる様は、幕末から昭和にかけて栄えた足利屈指の豪商の奥座敷にタイムスリップしたような雰囲気に感じられます。お茶会開催日を除き抹茶の無料サービスも行われますので、ぜひ秋の「物外軒の美」をお楽しみください。普段、一般公開されていませんが、期間中は無料で参観できます。

会場:
物外軒(織姫公民館裏 足利市通6-3156-1)

参観料:
無料

アクセス:
〔列車で〕JR両毛線足利駅より徒歩30分、東武伊勢崎線足利市駅より徒歩20分
〔お車で〕東北道佐野藤岡ICより40分

お問合せ先:
足利市文化課 文化財保護・世界遺産推進担当
(電話)0284-20-2230

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする