お知らせ
平成30年9月6日に発生しました、北海道胆振地方を震源とする地震により亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2018年09月15日
広告

青木絋二 報道の世界 写真展/ミュゼふくおかカメラ館・富山県高岡市

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年10月13日(土)〜11月25日(日)

内容/みどころ:
青木絋二 報道の世界 写真展

 青木 紘二(あおき・こうじ 魚津市出身)氏は、日本を代表するスポーツ写真家で、フォトエージェンシー・アフロ代表でもあります。スイス国家認定スキー教師(No.6824)の資格を持ち、写真の道に入る前はスキー教師を5シーズン勤めたキャリアを有しています。2017年4月、オリンピック写真撮影の総責任者である東京2020オリンピック・パラリンピック委員会のフォトチーフに就任。「冬季オリンピック 報道の世界」では、1984年サラエボから2018年平昌まで、日本中を歓喜に導いた選手たちの専心した姿を捉えています。オリンピックの撮影をライフワークとして、夏・冬合わせ18の大会を記録した中から厳選した名シーンをご覧いただきます。

同時開催:
▼青木紘二クライアントワーク PART1写真展
内 容 「クライアントワーク PART1写真展」では、広告撮影のカメラマンとしてコマーシャル分野を飾ってきた作品をご紹介いたします。技術と経験がいかんなく発揮された写真は、スポーツ、人物、風景、動物など多岐にわたり、「輝きの瞬間」として表現されています。
10月13日(土)〜11月25日(日)ミュゼふくおかカメラ館 多目的ホールにて

関連事業:
▼青木紘二トークイベント
10月13日(土)14:00〜1時間程度
▼パンプキンナイトミュージアム
10月27日(土)※夜間延長20:00まで(入館は19:30 まで)
▼ミュージアムコンサート―hibiki―
10月28日(日)14:00〜1時間程度
出演 谷道実子(サックス)・中野悠里(ピアノ)、曲目 ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」より「冬」 ほか

会場:
ミュゼふくおかカメラ館(高岡市福岡町福岡新559)

休館日:
月曜日(祝日除く)、祝日の翌日(翌日が土・日の場合は火曜日)、年末年始(12月29日〜1月3日)、臨時休館

観覧時間:
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで

入館料:
一般300円、大学生・高校生200円、中学生・小学生100円 ※20名以上の団体は2割引、土・日・祝日は高校生以下無料
※今回の写真展は、一般800円、高校・大学生400円、小・中学生100円となります。
※団体20名以上は2割引
※65歳以上は640円(免許証等の提示が必要)
※土・日・祝日、夏休みは高校生以下無料
※祖父母と孫が一緒なら入館料無料(祖父母は、高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市にお住まいの方)

アクセス:
〔列車で〕あいの風とやま鉄道線福岡駅より徒歩5分
〔お車で〕能越道福岡ICより5分

お問合せ先:
ミュゼふくおかカメラ館
(電話)0766-64-0550
(ホームページ)http://www.camerakan.com/

情報提供:ミュゼふくおかカメラ館様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする