カテゴリ
広告

2018年11月24日

信濃川右岸エリアを巡る 天の川スタンプラリー/朱鷺メッセほか・新潟県新潟市

都道府県名:新潟県
開催日時・期間:
2018年11月23日(金・祝)〜25日(火)点灯時間は施設によって異なります。

内容/みどころ:
信濃川右岸エリアを巡る 天の川スタンプラリー

 テレビ局や新聞社、商業施設が集まる人気の万代エリアから、コンベンション施設のある万代島まで、信濃川右岸エリアの4スポットを巡るイルミネーションイベント。万代シテイ共通お買物券や市内飲食店利用券など抽選で豪華賞品が当たります。※詳細は、http://www.bandaicity.com/calendar/upload/201811161103220.95726100.pdfをご覧ください。

会場:
朱鷺メッセ(新潟市中央区万代島6-1)、NSTゆめホール、万代シテイパーク、新潟日報メディアシップ
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
朱鷺メッセへ
〔列車で〕JR信越線・白新線・越後線新潟駅より徒歩20分またはタクシーで5分
〔お車で〕北陸道新潟西ICより

お問合せ先:
万代シテイ商店街振興組合
(電話)025-246-6424

情報提供:公益財団法人 新潟県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

「いっしょにイルミネーション」「東武ファンフェスタ」「SL復元機搬入記念乗車券」/東武鉄道・東京都墨田区

都道府県名:東京都
開催日時:
2018年11月〜

内容/みどころ:
「いっしょにイルミネーション」「東武ファンフェスタ」「SL復元機搬入記念乗車券」

@いっしょにイルミネーション 〜地域の皆さまと一体となって、イルミネーションで鬼怒川線の賑わいを創出します!〜
東武鉄道およびいっしょにロコモーション協議会では、2018年11月23日(金・祝)からSL大樹が運行する鬼怒川線において「いっしょにイルミネーション」を地域の皆さまと一体となって実施します。東武鉄道およびいっしょにロコモーション協議会では、SL大樹を活用した日光市の観光振興につながるすべての取り組みを「いっしょにロコモーションの取り組み」として位置づけており、今般その一環として、鬼怒川線沿線にイルミネーションを設置し、夕方から夜の時間帯にかけて沿線にお住まいの方やSL大樹・DL大樹にご乗車のお客さまにお楽しみいただく「いっしょにイルミネーション」を実施します。2回目の開催となる今年は、地元企業や今市高校、倉ケ崎明日を考える会、鬼怒川温泉駅前商店会が参画し、イルミネーションのデザインや設置を行うなど、昨年よりもさらに地域との連携を強化した実施となります。今後も沿線のイルミネーションを地域の新たな観光資源として、地域全体で育ててまいります。是非この機会に日光・鬼怒川エリアへご家族やご友人と一緒にお出掛けください。※詳細は、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/56a86bdfff9c5917212cb1cfa080bcf6/181121_2.pdf?date=20181121115524をご覧ください。
11月23日(金・祝)〜

A南栗橋車両管区で「2018東武ファンフェスタ」を開催します!〜点検整備中のSL(C11 207)を検修庫内で間近に見ることができます!〜
東武鉄道では、2018年12月2日(日)に南栗橋車両管区(埼玉県久喜市、最寄駅 日光線南栗橋駅)にて「2018 東武ファンフェスタ」(入場無料)を開催します。このイベントは2005年に第1回を開催して以来毎年開催しており、今回で14回目の開催となります。毎年大変ご好評をいただいており、昨年は約14,800人の東武ファンのお客さまにご来場いただきました。本年も、普段は見ることのできない車両管区内において、各種見学や体験、車両撮影会など盛りだくさんの内容で開催します。イベント会場では、車両工場見学会や出展いただく企業、団体等による各種物販(当社ブースでは毎年恒例の鉄道グッズの限定販売等)、車両撮影会では、昨年運転開始した特急「リバティ」や、通勤車両「70000系」が登場するほか、特殊車両の体験乗車(事前応募制)および埼玉県立春日部工業高等学校が製作した「ミニリバティ」の体験乗車を実施します。このほかにも、教育訓練施設内の競技館では鉄道玩具「プラレール」(発売元:株式会社タカラトミー)の巨大ジオラマの展示や即売会を行います。さらに今年は、鬼怒川線で「SL大樹」として運転しているSL(C11 207)が定期検査のため、当日は南栗橋車両管区内SL検修庫に入場しており、SLを間近で見学できる「SL検修庫見学会」についても、事前応募制で開催します。
また、当ファンフェスタの開催に合わせ、運行経路を秘密にした「東武ファンフェスタ2018
号」(事前予約制のツアー)も運転する予定です。
イベント盛りだくさんの東武ファンフェスタに、是非ご家族やご友人と一緒にご来場ください。※詳細は、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/7bb71ae4ee6839f0801fa448ae27da86/181101_1.pdf?date=20181101103331をご覧ください。
12月2日(日)10:00〜15:00 ※雨天決行(荒天中止)、最終入場は14:30まで

BSL復元機搬入記念乗車券を発売します!〜12月2日開催「2018東武ファンフェスタ」にて先行販売!〜
東武鉄道では、2018年12月3日(月)より「SL復元機搬入記念乗車券」を東武線の主な駅にて発売します。当社では、2017年8月10日より東武鬼怒川線にてSL復活運転を実施していますが、この事業の目的の1つ「鉄道産業文化遺産の保存と活用」をさらに推進するため、日本鉄道保存協会が静態保存
していたC11形蒸気機関車(以下SL復元機)を一般財団法人東武博物館が譲り受け、動態保存を目的とした復元に着手します。この記念乗車券は、このたびSL復元機を当社南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)に搬入したことを記念し、SL復元機をより多くの方に知っていただくために販売します。同乗車券は、SL大樹の運行区間である下今市・鬼怒川温泉と日光・鬼怒川エリアの拠点である東武日光、そしてSL復元機が搬入された南栗橋の各駅から有効の片道乗車券4枚組(硬券仕様)で、1セット1,000円(税込)を、3,000セット限定で発売します。台紙には、SL復元機搬入時の写真とともに静態保存されていた北海道での搬出の様子、SL復元機が歩んだ歴史などを掲載しています。また、同乗車券は12月2日(日)に南栗橋車両管区において開催する「2018東武ファンフェスタ」会場内の「SL復活運転プロジェクト」ブースにて200セット限定で先行販売します。※詳細は、http://www.tobu.co.jp/file/pdf/04020accb6002ea8353240b22dec9433/181121_1.pdf?date=20181122095140をご覧ください。
12月3日(月)〜 ※12月2日(日)より先行発売

会場:
南栗橋車両管区(車両工場 埼玉県久喜市北広島1323-3)ほか ※東武ファンフェスタ会場
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕東武日光線南栗橋駅より徒歩約20分 ※東武ファンフェスタ当日は駅から無料シャトルバスを運行します。

お問合せ先:
東武鉄道お客さまセンター
(電話)03-5962-0102

情報提供:東武鉄道(株)様
posted byナビ人at00:00| 鉄道| 更新情報をチェックする

企画展 中山忠彦/千葉県立美術館・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2019年1月20日(日)まで

内容/みどころ:
企画展 中山忠彦 ―永遠の美を求めて―

 気品あふれる女性美を追求する作品で人気を博す洋画家・中山忠彦の展覧会を開催します。中山の描く女性が身にまとうのは、作家本人が収集したアン
ティーク・ドレスの数々です。ベルベットやシフォン地、またレース等の繊細で質感豊かな表現により、ドレスはモデルの内面を浮き立たせます。本展では、最新作を含む油彩画や版画、デッサン等約70点の作品と共に、制作に使用されたドレスや帽子、扇子等画家自身の貴重なコレクションを展示します。60年以上に及ぶ画業をたどりながら、中山が描く女性美の魅力と、普遍的な美の世界に迫ります。

会場:
千葉県立美術館(千葉市中央区中央港1-10-1)

休館日:
月曜日(祝休日の場合は翌日)、臨時休館日、年末年始(12月28日〜1月4日)は休館。ただし12月24日(月・振休)、1月14日(月・祝)は開館し、12月25日(火)、1月15日(火)は休館。

開館時間:
9:00〜16:30

入館料:
大人300円、高大生150円、中学生以下・65歳以上無料、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳保持者の方および介護者、補助犬をお連れの方は無料です。※今回は企画展のため、一般500円、高校生・大学生250円、中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方および介護者1名は無料となります。

アクセス:
〔列車で〕JR京葉線・千葉都市モノレール千葉みなと駅より徒歩10分

お問合せ先:
千葉県立美術館
(電話)043-242-8311 
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/ART/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

「生態園の野鳥」「野鳥ミニ観察会」「収蔵庫見学」「房総丘陵はすごい」「クリスマスオーナメントをつくろう」「トビケラ目昆虫の世界最大種ムラサキトビケラの謎を追う」「どうぶつのホネをさわってみよう」/千葉県立中央博物館・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年11月〜

内容/みどころ:
「生態園の野鳥」「野鳥ミニ観察会」「収蔵庫見学」「房総丘陵はすごい」「クリスマスオーナメントをつくろう」「トビケラ目昆虫の世界最大種ムラサキトビケラの謎を追う」「どうぶつのホネをさわってみよう」

企画展示:
@生態園トピックス展「生態園の野鳥 ―秋から冬へ―」
生態園ではこれまでに、150種を超える鳥類が記録されてきました。本展示では、生態園で観察された野鳥の“秋冬ならでは”の興味深い行動や生態を、30 年近くかけて蓄積された標本や録音などを用いてご紹介します。
2019年2月17日(日)まで 生態園オリエンテーションハウスにて
▼料金
無料

A生態園観察会「野鳥ミニ観察会」(当日先着20 名)
トピックス展に合わせた小さな観察会です。水辺の鳥のやさしい解説つき。
12月8日(土)13:00〜13:30 生態園野鳥観察舎にて
▼料金
無料(入場料不要)
▼対象
どなたでも
▼定員
20名(当日受付・先着順)

B生態学環境講座「収蔵庫見学 いろいろな鳥の標本」
収蔵庫でさまざまな鳥の標本をお見せし、鳥の生態や標本について解説します。
12月15日(土)10:00〜11:00 研修室・収蔵庫にて
▼料金
無料(入場料不要)
▼対象
中学生以上
▼定員
15名(当日受付・先着順)

C秋の展示「房総丘陵はすごい ―調べてびっくり、新発見の数々―」
世界最大のトドの化石を発見し、新種の生物を発見し、さらに絶滅種を再発見。これらは未踏の秘境ではなく、千葉県の房総丘陵を探検した中央博物館の調査団による実績です。地学・動物・植物の各分野にまたがる重点研究の成果を紹介します。
12月24日(月・振休)まで 企画展示室にて

12月のイベント:
D体験イベント「クリスマスオーナメントをつくろう」
身近な材料を使ってステキなクリスマスオーナメントをつくりましょう!
12月2日(日)10:30〜11:30、14:00〜15:00 1階ホールにて
▼料金
材料費100 円(入場料不要)
▼対象
どなたでも(小学生以下保護者同伴)
▼定員
各回30名(当日受付・先着順)

E動物学講座「トビケラ目昆虫の世界最大種ムラサキトビケラの謎を追う」
ムラサキトビケラに関する最新の研究成果をご紹介します。
12月9日(日)13:30〜15:00 講堂にて
▼料金
無料(入場料不要)
▼対象
どなたでも
▼定員
100名(当日受付・先着順)

F体験イベント「どうぶつのホネをさわってみよう」
ニホンジカやイノシシ、ニホンザルなどの哺乳類のほか、魚類などのいろいろなどうぶつのホネにさわってみましょう。
12月23日(日・祝)11:00〜15:00 1階ホールにて
▼料金
無料(入場料不要)
▼対象
どなたでも
▼定員
なし(当日受付)

会場:
千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町955-2)

休館日:
月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日

開館時間:
9:30〜16:30 ※入館は16:00まで

入館料:
一般300円、高大生150円、中学生以下・65歳以上無料

アクセス:
〔列車で〕JR総武線・外房線千葉駅または京成千葉線京成千葉駅より京成バス千葉大学病院または千葉大学病院・南矢作行き ちばシティバス川戸都苑行きで約15分 中央博物館下車徒歩約7分、京成千原線千葉寺駅より徒歩約20分
〔お車で〕京葉道路松ヶ丘ICより大網街道を市街地方面へ

お問合せ先:
県立中央博物館
(電話)043-265-3111 
(ホームページ)http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 博物館・美術館| 更新情報をチェックする

「巣箱と餌台作り」「正月飾り作り」/館山野鳥の森・千葉県館山市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年12月〜

内容/みどころ:
「巣箱と餌台作り」「正月飾り作り」

@巣箱と餌台作り 〜小鳥たちへのプレゼント〜
街中には野鳥たちが巣を作る場所が少なくなっています。自宅の庭木に巣箱をかけて、鳥たちの住宅難を解消すると同時にバードウォッチングで身近な自然を楽しみましょう。野鳥の巣作りは、2月〜3月頃始まるので、この時期に巣箱を掛けることで巣に慣れることができ、理想的です。また、冬場の餌の少ない時期に餌台を設置するのも野鳥保護のためになります。製材加工した板を組み合わせて巣箱と餌台を作ります。巣箱の設置に適した場所や掛け方も説明しますので、できあがった巣箱と餌台を持ち帰り、自宅に小鳥を呼んでみませんか。
12月8日(土)10:00〜12:00
▼参加費
1,100 円(税込)
▼定員
先着12名(小学生以下は保護者同伴)
▼申込
12月7日(金)締切 ※電話にて予約、定員になり次第締め切り
▼持ち物
飲み物・軍手
▼服装
汚れてもよい作業しやすい服装

A正月飾り作り 〜手作りのお飾りで新年を迎えましょう〜
注連縄飾りやミニ門松などの正月飾りも、最近ではお手軽に手に入れることができますが、古くから地元に伝わる伝統的な手法で、お飾り作りに挑戦してみませんか。お正月飾りの意味や飾る時期などについても、この機会に知っておきましょう。注連縄飾りや輪飾りは、藁を編む作業から始まり、束ねたり、編み込んだり、手順を追って丁寧に指導します。また、お子様でも作れるミニ門松作りもありますので、ご家族皆様でご参加ください。心をこめて作ったお飾りで「歳神様」をお迎えしましょう!
12月22日(土)10:00〜15:00
▼参加費
1,800円(税込)
▼定員
先着15名(小学生以下は保護者同伴)
▼申込
12月21日(金)締切 ※電話にて予約、定員になり次第締め切り
▼持ち物
お弁当・飲み物
▼服装
汚れても良い作業しやすい服装

会場:
館山野鳥の森 多目的ホール(館山市大神宮553)

アクセス:
〔列車で〕JR内房線館山駅よりJRバス安房神戸廻り白浜行きで安房神社前下車徒歩7分

お申込み/お問合せ先:
館山野鳥の森管理事務所
(電話)0470-28-0166
(ファックス)0470-28-0187
(ホームページ)http://www.chiba-forest.jp/yachou/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

年越し坐禅会/鹿野山禅青少年研修所・千葉県富津市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年12月31日(月)16:00〜2019年1月1日(火・祝)11:00 ※要申込

内容/みどころ:
年越し坐禅会

 1年の終わりと始まりのひと時、鹿野山の自然の中で、心の原点にたちかえってみてはいかがでしょう。恒例の「年越し坐禅会」を開催します。初めての方も歓迎します。

実施内容:
坐禅・写経・法話、薬石(夕食)・年越しそば、除夜の鐘、初日の出参拝(佛母寺前広場)、朝食(おせち料理)、作務(掃除)等

携帯品:
着替え・洗面用具、服装はジャージのようなゆるやかなもの

会場:
鹿野山禅青少年研修所(富津市田倉942-8)

料金:
大人8,800円、子供7,300円

定員:
40名

締切:
12月20日(木)

アクセス:
〔列車で〕JR内房線佐貫町駅より日東バス25分 マザー牧場下車徒歩15分

お問合せ先:
鹿野山禅青少年研修所
(電話)0439-37-3011 
(ホームページ)http://www.kanozan.co.jp/zen/

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

第34回 クリスマス大合唱の夕べ/御坊市民文化会館・和歌山県御坊市

都道府県名:和歌山県
開催日時・期間:
2018年12月22日(土)18:30〜20:30予定

内容/みどころ:
第34回 クリスマス大合唱の夕べ

 地元の各合唱団体による合同のコンサートです。ステージの最後では、合唱団の有志に加え、一般公募参加者による約100名の合同合唱ステージも見どころです。※詳細は、http://gobo-shibun.jp/をご覧ください。

会場:
御坊市民文化会館(御坊市薗258-2)
[ここに地図が表示されます]

受入可能人数:
900名

料金:
無料

アクセス:
〔列車で〕紀州鉄道線紀伊御坊駅より徒歩2分、JR紀勢線御坊駅より御坊南海バス 日の岬パーク行きで市民文化会館前下車すぐ
〔お車で〕阪和道御坊ICより約10分

お問合せ先:
御坊市民文化会館
(電話)0738-23-4881
(ファックス)0738-23-4882
(ホームページ)http://gobo-shibun.jp/

情報提供:わかやま紀州館様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

草加市制60周年記念 街グルin草加2018/草加小学校および旧日光街道商店街・埼玉県草加市

都道府県名:埼玉県
開催日時・期間:
2018年11月25日(日)10:00〜15:00

内容/みどころ:
草加市制60周年記念 街グルin草加2018

 草加市の商店街を代表する一押しグルメ&スイーツを300円で提供します。この機会に是非、様々な草加グルメを楽しんでみませんか?また、同時開催で、「商店街フェスティバル&百縁市in草加宿」も開催されます。

会場:
草加小学校(草加市住吉1-11-64)、旧日光街道商店街
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕東武スカイツリーライン(伊勢崎線)草加駅東口より徒歩約8分
〔お車で〕外環道草加ICより

お問合せ先:
草加市産業振興課
(電話)048-922-3477

情報提供:埼玉県観光物産協会様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

自然観察会「冬の観察会」/太閤山ランド・富山県射水市

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年12月9日(日)10:00〜14:00

内容/みどころ:
自然観察会「冬の観察会」

 太閤山ランドのガイドボランティアの人達と、雪の太閤山ランドをスノーシューやかんじきを履いて散策し、園内に生息している小動物やその痕跡(足跡など)、池に飛来している冬鳥などを観察する自然観察会。

会場:
県民公園太閤山ランド(射水市黒河4774-6)

アクセス:
〔列車で〕あいの風とやま鉄道線小杉駅より射水市コミュニティバスで約10分
〔お車で〕北陸道小杉ICより約5分・富山西ICより約10分
〔駐車場〕有料 1,300台

お問合せ先:
(財)富山県民福祉公園
(電話)0766-56-6116
(ホームページ)http://www.toyamap.or.jp/taikou-land/

情報提供:いきいき富山館様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

第28回 千葉都心イルミネーション ルミラージュちば2018/中央公園、中央公園プロムナード、中心市街地商店街、きぼーる・千葉県千葉市

都道府県名:千葉県
開催日時・期間: 
2018年11月30日(金)〜2019年2月3日(日)

内容/みどころ:
第28回 千葉都心イルミネーション ルミラージュちば2018

 千葉都心イルミネーション「ルミラージュちば2018」は、中央公園プロムナード、中央公園、通町公園、きぼーるを会場としたイルミネーションイベントです。今年はJR千葉駅から中央公園プロムナードの木々、中央公園に至るまで中心市街地を約35万球のLEDが鮮やかに彩ります。千葉駅を中心に千葉市の商業・業務機能が集積し、交通節点にあたる千葉都心エリアの年末年始の賑わいを演出し、魅力をアピールしていきます。

会場:
中央公園(千葉市中央区中央1丁目)

きぼーる(千葉市中央区中央4-5-1)ほか
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕JR総武線千葉駅より

お問合せ先:
千葉都心イルミネーション実行委員会(千葉商工会議所)
(電話)043-227-4103

情報提供:千葉県観光協会様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする
広告