カテゴリ
広告

2018年09月24日

紅葉ゴンドラ/マウントジーンズ那須・栃木県那須町

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年9月15日(土)〜10月28日(日)8:00〜15:30(下り最終16:00)

内容/みどころ:
紅葉ゴンドラ 〜深紅に染まる!那須高原の紅葉〜

 マウントジーンズ那須では、9月15日(土)から10月28日(日)まで「深紅に染まる那須高原の紅葉」と題し、ゴンドラの運行を行います。眼下に見下ろす那須高原の紅葉は見事です。春に白い花を咲かせるゴヨウツツジの葉が深紅に染まります。山頂駅展望台からは、茶臼岳をはじめとする雄大な那須連山の紅葉を一望できます。ゴンドラにはケージを用いずリードのみで愛犬の乗車が可能です。例年ゴンドラ山頂付近の紅葉最盛期は10月初旬から中旬となっています。

会場:
マウントジーンズ那須(那須郡那須町大島)

料金:
中学生以上1,600円、3才〜小学生800円、同伴犬(1頭につき)800円

アクセス:
〔列車で〕JR東北線黒田原駅より
〔お車で〕東北道那須ICより30分・那須高原SAスマートICより20分
〔駐車場〕無料 800台

お問合せ先:
マウントジーンズ那須ゴンドラ
(電話)0287-77-2300
(ホームページ)http://www.mtjeans.com/green/

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

モスクワについて/市内各所・ロシア連邦モスクワ市

都道府県名:その他
開催日時・期間:
通年

内容/みどころ:
モスクワについて

 ツーリズムEXPOジャパン2018で日本からいらっしゃる観光客のための新しい機会を紹介しておりました。ツーリズムEXPOジャパン2018の国際的な観光展覧会の枠組みの中で、記者会見を開催しておりました。トピックは "東京とモスクワの交流。観光の新しい機会"でした。モスクワ市のスポーツ観光庁のホテルマネージメント部のAlexey TIKHNENKO部長は日本からいらっしゃる観光客やモスクワの観光のポテンシャルについて述べました。2018年の最初の2四半期には、4万人以上の日本人がロシアの首都を訪れました。 そちらの3分の1がサッカーワールドカップなどに観光客として訪れました。 モスクワの人は日本のファンのカラフルで華やかな衣装だけでなく、清潔にの注意も本当に気にいりました。あの方たちはスタンドの席を片付けるまで、チームの参入プレーオフの出場を祝うつもりはありませんでした。 2017年末までに、6万人以上の日本人がロシアの首都を訪れました。モスクワ市のスポーツ観光庁のホテルマネージメント部のAlexey TIKHNENKO部長は“毎年モスクワに到着する観光客の人数が増えています。 2017年には2160万人の観光客がモスクワに到着し、2018年末までに観光客数が少なくとも10%増加すると予想しています。首都のゲストが快適で安全に感じるようにモダンな観光インフラストラクチャーを作りました。”と話しました。モスクワは世界の文化の中心地です。 毎年、500回以上の文化的なエンターテイメントイベントが開催されています。 市内には270館以上の博物館と170軒の劇場があります。 モスクワの3分の1は森林や公園で占められています。 2017年、首都中心部にはザリャーディエという公園ができて、タイム・マガジンは、2018年に世界で最も優れた場所のリストに登録しました。今のモスクワには1560件の分類された宿泊施設があります:ホテル、ゲストハウス、ホステルがあります。 それらの中で一泊の値段は$ 15から始まります。交通インフラは幅広く開発されていますので旅行者はの自分に旅行の便利な方法を選ぶことができます。 公共エリアでは無料Wi-Fiを利用できます。セキュリティに大きな注意を払うモスクワには184千台以上のCCTVカメラがあります。モスクワでは、博物館、展示会、映画館、レストラン、スポーツセンターを訪れることができ、公共交通機関を無料で利用できる特別なPASSCITYというサービスがあります。※詳細については、press@creative-force.ruへお問い合わせください。Yuniya氏

情報提供:鉄道企画(株)様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

花と緑のフェスティバルうつのみや2018/宇都宮城址公園・栃木県宇都宮市

都道府県名:栃木県
開催日時・期間:
2018年10月6日(土)

内容/みどころ:
花と緑のフェスティバルうつのみや2018

 緑化に関する展示、寄せ植えコンテスト、特設ステージでのパフォーマンスやフラワーアレンジ教室、物販コーナー、フードコーナー、苗木・花苗の無料配布を実施します。

会場:
宇都宮城址公園(宇都宮市本丸町1-15)

アクセス:
〔列車で〕JR東北線宇都宮駅より市内循環バス「きぶな」で宇都宮城址公園入口下車徒歩約3分または市内バスで馬場町二荒山神社前下車徒歩約10分
〔お車で〕※イベント当日は交通規制があります。混雑が予想されますので、ご来場の際は公共交通や自転車などの利用にご協力ください。

お問合せ先:
花と緑のまちづくり推進協議会(宇都宮市緑のまちづくり課内)
(電話)028-632-2597

情報提供:とちぎ企業・観光誘致センター様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

富安祭/富安地区・和歌山県御坊市

都道府県名:和歌山県
開催日時・期間:
2018年10月7日(日)9:00〜21:00

内容/みどころ:
富安祭

 前日に子安神社で神前式の後、獅子舞を奉納。当日は地元で四つ太鼓と屋台の獅子舞で集落内を回り、昼3時ごろからは広場で5本の幟を披露、その後、春日社で二頭の獅子が競演奉納します。夜は四つ太鼓、屋台、幟が集まり盛り上がりを見せます。

会場:
富安地区(御坊市湯川町富安)
[ここに地図が表示されます]

アクセス:
〔列車で〕JR紀勢線道成寺駅より
〔お車で〕阪和道御坊ICより15分

お問合せ先:
御坊市商工振興課  
(電話)0738-23-5531
(ファックス)0738-23-5848

情報提供:わかやま紀州館様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

坂のまちアートinやつお2018/桂樹舎 和紙文庫ほか八尾地区・富山県八尾町

都道府県名:富山県
開催日時・期間:
2018年10月6日(土)〜8日(月・祝)

内容/みどころ:
坂のまちアートinやつお2018

 おわら、曳山、和紙・・・先人の築いた文化を営々と受け継いできた「坂のまち」八尾。職人たちの伝統が息づく町には、歴史の流れを偲ばせる古い町並みが残っています。この町は、人々の暮らしと地域の芸術文化が共鳴する新しい息吹を感じさせてくれる町でもあります。そんな香り高い文化が営々と息づく町であってほしいと願ってはじめた「坂のまちアートinやつお」は町屋や通りを展覧会場とした美術展です。アートは美術館だけではありません。アートは人と町との空間を繋ぐことで本来のアートを獲得すると考えます。アートで八尾の魅力に触れてみませんか。

会場:
桂樹舎 和紙文庫(富山市八尾町鏡町668-4)ほか八尾地区

アクセス:
〔列車で〕JR高山線越中八尾駅より徒歩30分
〔お車で〕北陸道富山ICより20分
〔駐車場〕無料 200台 ※町民ひろばへ

お問合せ先:
坂のまちアートinやつお実行委員会(桂樹舎 和紙文庫)
(電話)076-455-1184
(ホームページ)http://www.bunanomori.com/art/

情報提供:いきいき富山館様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする

2018 木祖村アートフェスタ/笑ん館・長野県木祖村

都道府県名:長野県
開催日時・期間:
2018年10月6日(土)〜8日(月)・10日(水)〜14日(日)9:00〜17:00

内容/みどころ:
2018 木祖村アートフェスタ

 全国日曜画家中部日本展と日付を合わせて開催されるイベント。薮原宿内の会場にて芸大の卒業生による作品の展示や、芸術関連のワークショップを開催予定。また毎年開催されている、桜と紅葉のフォトコンテストの入賞作も展示予定。 

会場:
笑ん館(木曽郡木祖村薮原1019-1)
[ここに地図が表示されます]

アクセス: 
〔列車で〕JR中央線薮原駅より徒歩10分
〔お車で〕中央道伊那ICより権兵衛トンネル経由で約35分、長野道塩尻ICより国道19号線経由で約40分

お問合せ先:
一般社団法人 木祖村観光協会
(電話)0264-36-2543
(ファックス)0264-36-3340
(Eメール)kisokankou@kisokankou.com
(ホームページ)https://www.kisokankou.com/

情報提供:長野県東京観光情報センター様
posted byナビ人at00:00| 観光| 更新情報をチェックする
広告